いびつな絆 関東連合の真実|工藤明男を紹介|おすすめ小説ランキング

いびつな絆 関東連合の真実|工藤明男

いびつな絆 関東連合の真実|工藤明男 辛口感想

元関東連合幹部が書いた衝撃の手記! 横綱・朝青龍殴打事件、市川海老蔵事件、そして人違い殺人となった六本木クラブ襲撃事件……世間を騒がせてきた“アウトレイジ集団"関東連合とは何者なのか? 東京都内杉並区・世田谷区の暴走族から、なぜ彼らだけが都心歓楽街を支配する力を持ったのか? 芸能人、ベンチャー起業家、そして暴力団……華麗なる人脈と豊富な資金源を獲得できた秘密、そして組織の実態がいま初めてつまびらかにされる! 話題騒然の手記!!

 

ということで、朝青龍事件、海老蔵事件、六本木クラブ襲撃事件など、ここ数年立て続けにメディアを賑わせている「関東連合」の現役メンバーの手記ということで買ってみました。

 

通常、アウトロー系の手記の場合、その破天荒さや刹那的な生き方が美化されて表現されがちなのですが、全体を通して、関東連合ができた経緯や成長の経緯などが淡々と描かれたり、暴力団の名前や個人名などが割と明確な形で書かれているのはイメージが違って逆に手記としては現実味のあるものとなっていました。

 

具体的に言うと、伝説の暴力団組長の手記や伝記などは多数でていて一時期多くのものを読んだことがあります。「実録!●●組●代目」「●●組全国制覇」「任侠系ヤクザ●●」みたいなタイトルで、主にその組長であったり、そのアウトローが、過去にどんな武勇伝があって、そしてその武勇伝をベースに様々な人が集まり、そして全国制覇したとか、そういったものです。
ですが、この手記にはその手の話はあまりなく、それぞれの事件を当事者側から語ったものでした。関東連合ができた経緯なども、一般にかっこいい武勇伝があるわけでもなく、どれだけ残虐でひどい事件を多く起こしてきたことがメインとなっていました。
読んで思ったのが、関東連合が前述した様々なところから猛者が集まってできた集団というより、杉並と世田谷の少年時代からの暴走族仲間がそのまま六本木などの都会に舞台を移して、暴走族時代からの上下関係がそのまま残って、ある意味狭いしがらみのなかに生きていっている集団というように感じました。

 

六本木クラブ襲撃事件で主犯として国際指名手配(2013年7月16日現在)されていて、関東連合の実質的なリーダーである見立氏が海外に逃亡している最中に本が出版されたことは、非常に驚かされました。

 

狂気と復讐の連鎖を終わらせ、二度とこのような悲しい事件を起こさないためにも、私は一刻も早く関東連合を解散したいと思っている。

 

と、筆者が書いているように、少年時代から10年以上も経ってなおしがらみの中で生きていることに、また、少年時代から何も変わっていない暴力と狂気のなかで生きていることに、そろそろ卒業しなければと思う気持ちが伝わってきた手記でした。

分類

評価

コメント

手記 いびつな絆 関東連合の真実

アウトロー系の手記は美化しているものが多い中、美化せず淡々と描かれているところは面白い。

ランクの目安は下記を参考にしてください。

「やめとけ!買うというより読んじゃダメだ。」というレベル。

「やめた方がいい。買うと損するぞ。」というレベル。

「時間があったら読んでもいいんじゃない。」というレベル。

「割といい感じだと思う。」というレベル。

「すごくいいぜ!読む価値あるよ。」というレベル。

「絶対読んで!何が何でも読んでね。」というレベル。
選定した本及び感想については大きく偏っている可能性もありますが、実際に読みたかった本や話題の本などを自分の好みに合わせて読んでいるだけなので、何を意識したものでもありません。また、ここで記述されてある感想についても管理者自身の感想となりますので、何かを保証するものではありません。

読書好きのための良いものグッズ

『美月幸房』
ブックカバー 帆布製


Beahouse
ブックカバー/ブラック


Beahouse
ブックカバー/マーブルブラック


リサイクルレザー文庫版
ブックカバー/キャメル


etranger di costarica
ブックカバー四六判/ブラック


ワールドCP
ブックカバー文庫版/ブラック


レイメイ藤井
ブックメイト/ブラック


フランク・ロイド・ライト
ブックマーク MoMA


ブックダーツ
チョコラベル75個ミックス


いびつな絆 関東連合の真実|工藤明男|おすすめ小説ランキング関連ページ

結局「仕組み」を作った人が勝っている|荒濱一+高橋学
結局「仕組み」を作った人が勝っている|荒濱一+高橋学のおすすめ小説を紹介します。

 
おすすめ小説TOP 掲載小説一覧 プライバシーポリシー お問い合わせ