劇団ひとりの小説を紹介|おすすめ小説ランキング

劇団ひとり

劇団ひとりプロフィール
(Wikipediaより)

 

劇団ひとり(げきだんひとり、1977年2月2日 - )は、日本のお笑いタレント、作詞家、俳優、作家である。本名、川島 省吾(かわしま しょうご)。

 

来歴

 

  • 父親の仕事が日本航空パイロット(母は元客室乗務員)だった関係で、小学校2年から5年まで、米国アラスカ州アンカレッジに住んでいた帰国生徒。当時、同じように父親が日本航空のパイロットだったフィギュアスケートの村主章枝が近所に住んでいたため一緒に遊んだことがある。ただし現在の英会話能力は、日常会話程度であると自認している。
  • 公立中学校卒業後、千葉県立京葉工業高等学校機械科に入学するが(理由は「学ランを着たかったから」らしい)1年弱で中退後、千葉県立船橋高等学校定時制普通科卒業。高校生活は計5年間になる。当時はヤンキーで、番組でヤンキー時代の写真が公開された。
  • 高校1年の1992年に、『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』内のコーナー「お笑い甲子園」に、「バーテックス」というコンビを組んで出場。その後は太田プロダクションに所属しデビュー。事務所の同期には有吉弘行がいる。なお、単独での契約だったが、これはバーテックスで相方を務めた男性にプロ入りの意思がなかったことによる。
  • 太田プロに入ってからは、一時代子役として活躍した経歴のある劇団日本児童出身の秋永和彦とお笑いコンビ「スープレックス」を組み漫才を展開。しかし、『ボキャブラ天国』『進め!電波少年』で、太田プロがU-turnや猿岩石などのグループをメインに売り出していたことや、川島自身の遅刻・ドタキャン癖が影響し、ブレイクの機会を逸したまま2000年5月に秋永の借金による蒸発を理由にコンビを解散、川島はピン芸人として再出発することとなった。
  • その後はライブや『新しい波8』『完売劇場』などのテレビ番組に出演。2004年2月『めちゃ2イケてるッ!』の「笑わず嫌い王決定戦」に出演以降、メディアでの露出が次第に増える。また、俳優としてテレビドラマや映画などに活躍の場を広げる。
  • 2006年1月、小説『陰日向に咲く』で小説家デビュー(2008年1月、実写映画化となる)。
  • 2006年ザ・ヒットメーカーの出版部門を受賞。
  • 2006年11月13日、「最も万年筆が似合う著名人」に贈られる「万年筆ベストコーディネート賞2006」を受賞。同賞は、輸入・国産筆記具メーカーや日本筆記具工業会など28社(協会)が共同で行っているプロジェクト。
  • 2007年3月1日、「第44回ゴールデン・アロー賞」放送賞(バラエティ部門)を受賞。
  • 2007年、エランドール賞新人賞を受賞した。
  • 2008年10月からテレビ朝日系で始まった番組『学べる!!ニュースショー!』でキャスターに初挑戦。この時、名前を川島省吾(劇団ひとり)としていた。
  • 2008年10月25日、フジテレビ系『我はゴッホになる! ?愛を彫った男・棟方志功とその妻?』でドラマ初主演。
  • 2009年2月17日、大沢あかねと婚姻届を提出[1]。
  • 2009年3月11日に発売されたCHEMISTRYのアルバム『the CHEMISTRY joint album』に収録される曲「キミマツボク」で作詞家デビュー。
  • 2009年4月16日放送の『ザ・イロモネア』で2度目の100万円獲得を達成(1度目は2006年3月)。2度100万円を獲得した芸人はインパルスと次長課長に次いで3組目、ピン芸人では初の快挙となった。
  • 2009年5月30日開催のMTV VIDEO MUSIC AWARDS JAPAN 2009のMCを務める。
  • 2009年7月12日に行われる東京都議会議員選挙のイメージキャラクターに選ばれる。
  • 2010年3月2日、妻のあかねが妊娠3ヶ月であることが報道された[2]。
  • 2010年5月4日、5日に4年ぶりとなる劇団ひとりライブ Vol.5を開催した。
  • 2010年9月8日、第一子となる女児が誕生。
  • 2011年8月27日、28日に劇団ひとりライブ Vol.6を開催。
  • 2011年9月、劇団ひとりプロデュースで声優の福原香織とダンスユニットRABが「福原香織とRAB」としてCDデビューすることが発表された。

劇団ひとり記事一覧

陰日向に咲く|劇団ひとり|おすすめ小説ランキング

陰日向に咲く|劇団ひとり 辛口感想ホームレスを夢見る会社員。売れないアイドルを一途に応援する青年。合コンで知り合った男に遊ばれる女子大生。老婆に詐欺を働く借金まみれのギャンブラー。場末の舞台に立つお笑いコンビ。彼らの陽のあたらない人生に、時にひとすじの光が差す―。不器用に生きる人々をユーモア溢れる筆...

≫続きを読む

 
ランクの目安は下記を参考にしてください。

「やめとけ!買うというより読んじゃダメだ。」というレベル。

「やめた方がいい。買うと損するぞ。」というレベル。

「時間があったら読んでもいいんじゃない。」というレベル。

「割といい感じだと思う。」というレベル。

「すごくいいぜ!読む価値あるよ。」というレベル。

「絶対読んで!何が何でも読んでね。」というレベル。
選定した本及び感想については大きく偏っている可能性もありますが、実際に読みたかった本や話題の本などを自分の好みに合わせて読んでいるだけなので、何を意識したものでもありません。また、ここで記述されてある感想についても管理者自身の感想となりますので、何かを保証するものではありません。

読書好きのための良いものグッズ

『美月幸房』
ブックカバー 帆布製


Beahouse
ブックカバー/ブラック


Beahouse
ブックカバー/マーブルブラック


リサイクルレザー文庫版
ブックカバー/キャメル


etranger di costarica
ブックカバー四六判/ブラック


ワールドCP
ブックカバー文庫版/ブラック


レイメイ藤井
ブックメイト/ブラック


フランク・ロイド・ライト
ブックマーク MoMA


ブックダーツ
チョコラベル75個ミックス



 
おすすめ小説TOP 掲載小説一覧 プライバシーポリシー お問い合わせ