白夜行|東野圭吾|おすすめ小説ランキング

白夜行|東野圭吾

白夜行|東野圭吾 辛口感想

 

ドラマ、映画化になった傑作です。ドラマ、映画云々ではなく、まず、最初に小説を読んで欲しいです。

 

あらすじは、1973年、大阪の廃墟ビルで一人の質屋が殺された。容疑者は次々に浮かぶが、結局、事件は迷宮入りする。被害者の息子・桐原亮司と、「容疑者」の娘・西本雪穂――暗い眼をした少年と、並外れて美しい少女は、その後、全く別々の道を歩んで行く。二人の周囲に見え隠れする、幾つもの恐るべき犯罪。だが、何も「証拠」はない。そして十九年……。

 

と、あらすじで書くと、それほど凝っていない長編小説という感じですが、何かに書いてあったのですが、文体がまず素晴らしい。主人公の桐原亮司と西本雪穂の内面を文章で一切表現していない。桐原が場面場面でどのように感じで、雪穂がどんな気持ちで過ごしていたかは全く描かれていない。ただ、まわりの登場人物との会話やかかわり方でそれを想像するしかない。しかし、その想像も、桐原と雪穂た感じていたことが何となく文章から感じてくる。素晴らしい手法だと感じました。

 

あとがきで、この小説をノワール小説だと書いていました。ノワール小説は、人間の影の部分、邪悪な断面、犯罪などの闇の部分を描いた小説を指すのですが、その通りだと思いました。(わかりやすく本サイトでは分類をミステリー小説としています)
大きな枠で言えばミステリー小説ですが、このストーリーは人の幸せな部分は一切表現されていません。桐原と雪穂との関係を2人の内側で考えると“幸せ”な時間があったかもしれません。しかし、雪穂の「あたしには最初から太陽なんかなかった。だから失う恐怖もないの。」というセリフで2人が“幸せ”を感じていた時期はなかったのだと。2人にはそういった思いとは別の“絆”だけを感じていたのだと。

 

それでも、私は、2人の“絆”に嫉妬するほど、何とも言えない感情が湧いてきました。

 

幸せであるかどうかではなく、その瞬間を幸せであると感じられる心を持っているかが大切だ、と、ミュージックバンド「ブルーハーツ」のボーカル甲本が言っていましたが、この小説を読むと、幸せと感じる必要があるかどうかが疑問に思えてきます。

 

もちろん、桐原や雪穂と同じような人生を歩む人は少ないと思いますし、そう思わない人もいるかもしれません。ただ、それほど不幸も感じず、物質的な不足も感じず、数人の友人もいて、恋心を持った経験もある人はたくさんいますが、そのなかで、満たされていない人もたくさんいます。そうした人たちにとって、こうした展開は刺激的である意味羨ましいと思う人もいるのではないでしょうか。私もその1人です。

 

主人公たちは日の当たる場所を歩けない、普通に考えれば、誰もが歩みたくない道です。救いどころもありません。ただ、2人の絆だけは、誰よりも強く、儚く、そして誰もが羨むものなのではないでしょうか。

分類

評価

コメント

ミステリー小説 白夜行

主人公の感情が表現されていない文体が想像力をかきたてます。傑作でした。

ランクの目安は下記を参考にしてください。

「やめとけ!買うというより読んじゃダメだ。」というレベル。

「やめた方がいい。買うと損するぞ。」というレベル。

「時間があったら読んでもいいんじゃない。」というレベル。

「割といい感じだと思う。」というレベル。

「すごくいいぜ!読む価値あるよ。」というレベル。

「絶対読んで!何が何でも読んでね。」というレベル。
選定した本及び感想については大きく偏っている可能性もありますが、実際に読みたかった本や話題の本などを自分の好みに合わせて読んでいるだけなので、何を意識したものでもありません。また、ここで記述されてある感想についても管理者自身の感想となりますので、何かを保証するものではありません。

読書好きのための良いものグッズ

『美月幸房』
ブックカバー 帆布製


Beahouse
ブックカバー/ブラック


Beahouse
ブックカバー/マーブルブラック


リサイクルレザー文庫版
ブックカバー/キャメル


etranger di costarica
ブックカバー四六判/ブラック


ワールドCP
ブックカバー文庫版/ブラック


レイメイ藤井
ブックメイト/ブラック


フランク・ロイド・ライト
ブックマーク MoMA


ブックダーツ
チョコラベル75個ミックス


白夜行|東野圭吾|おすすめ小説ランキング関連ページ

変身|東野圭吾
変身|東野圭吾|おすすめ小説を紹介します。

 
おすすめ小説TOP 掲載小説一覧 プライバシーポリシー お問い合わせ