家田荘子の小説を紹介|おすすめ小説ランキング

家田荘子|おすすめ小説・感想と辛口小説ランキング

家田荘子プロフィール
(www.gokutsuma.comより)

 

受賞:
平成3年・第22回大宅壮一ノンフィクション賞
「私を抱いてそしてキスして〜エイズ患者と過ごした一年の壮絶記録〜」(文藝春秋)現在は「私を抱いてそしてキスして」(ぶんか社文庫)

 

作家、高野山真言宗僧侶。(大僧都)

 

日本大学芸術学部放送学科卒業
高野山大学大学院・文学研究科密教学専攻修士課程修了
年齢・生年非公開。(年齢差別と闘っているためです)7月22日生

 

これまで光の当たっていなかった世界や人々にスポットを当て、取材することによって社会問題を提起し続けている。
高校在学中より、22歳まで女優としてTV、映画などに出演していた。作家に転職するまで、OLの他、10以上の職業を経験する。
山口組と、一和会との 山一(やまいち) 抗争のさなか、取材に2年をかけて「極道の妻(つま)たち」(文藝春秋)を発表する。
平成3年、アメリカ取材で2年をかけて「私を抱いてそしてキスして〜エイズ患者と過ごした一年の壮絶記録〜」(文藝春秋)で、第22回大宅壮一(おおやそういち)ノンフィクション賞を受賞。「私を抱いてそしてキスして」(ぶんか社文庫)。
「極道の妻たち」(青志社)、「バブルと寝た女たち」(講談社文庫)、「歌舞伎町シノギの人々」(宝島文庫)、「四国八十八ヵ所つなぎ遍路」(ベスト新書)など代表作の他、「不倫のルール」、「別れのルール」「略奪愛のルール」(大和出版)など恋愛本は、ロングセラー作品である。
また、「極道の妻たち」など、30作品以上が映像化されている。

 

この仕事を始めた頃より、1日1人以上の取材をノルマにし、実行してきたため、少年少女、女性の生き方、恋愛、事件、結婚、裏世界などの「現場の生の声」を莫大に蓄積している。女性の人生は「深くて優しい」ので、ずっと女性を取材し、常に弱者の立場に立って、描き続けている。なお、ノンフィクション作品の他に、コミックの原作や恋愛エッセイ、小説にも定評があり、著作は128作品に及ぶ。

家田荘子記事一覧

歌舞伎町シノギの人々|家田荘子|おすすめ小説ランキング

歌舞伎町シノギの人々|家田荘子 辛口感想ご存じ「極道の妻たちへ」の家田荘子さんの歌舞伎町ノンフィクション。作者が魅せられた「歌舞伎町」で生きている人たちのカタギでない人たちの生々しい生き様がわかる作品。本来出会いたくない「麻薬の元締め」、「ヤクザの組長」、「外国人の売人」、「闇金経営者」、武闘派ヤク...

≫続きを読む

 
ランクの目安は下記を参考にしてください。

「やめとけ!買うというより読んじゃダメだ。」というレベル。

「やめた方がいい。買うと損するぞ。」というレベル。

「時間があったら読んでもいいんじゃない。」というレベル。

「割といい感じだと思う。」というレベル。

「すごくいいぜ!読む価値あるよ。」というレベル。

「絶対読んで!何が何でも読んでね。」というレベル。
選定した本及び感想については大きく偏っている可能性もありますが、実際に読みたかった本や話題の本などを自分の好みに合わせて読んでいるだけなので、何を意識したものでもありません。また、ここで記述されてある感想についても管理者自身の感想となりますので、何かを保証するものではありません。

読書好きのための良いものグッズ

『美月幸房』
ブックカバー 帆布製


Beahouse
ブックカバー/ブラック


Beahouse
ブックカバー/マーブルブラック


リサイクルレザー文庫版
ブックカバー/キャメル


etranger di costarica
ブックカバー四六判/ブラック


ワールドCP
ブックカバー文庫版/ブラック


レイメイ藤井
ブックメイト/ブラック


フランク・ロイド・ライト
ブックマーク MoMA


ブックダーツ
チョコラベル75個ミックス



 
おすすめ小説TOP 掲載小説一覧 プライバシーポリシー お問い合わせ