垣根涼介の小説を紹介|おすすめ小説ランキング

垣根涼介|おすすめ小説・感想と辛口小説ランキング

垣根涼介プロフィール
(新潮社サイトより)

 

1966年長崎県諫早市生れ。筑波大学卒業。2000年『午前三時のルースター』でサントリーミステリー大賞と読者賞をダブル受賞。2004年『ワイルド・ソウル』で大藪春彦賞、吉川英治文学新人賞、日本推理作家協会賞の三冠達成。2005年『君たちに明日はない』で山本周五郎賞受賞。著書に『ヒート アイランド』『ギャングスター・レッスン』『サウダージ』『クレイジーヘヴン』『ゆりかごで眠れ』『真夏の島に咲く花は』『人生教習所』がある。

垣根涼介記事一覧

ヒートアイランド|垣根涼介|おすすめ小説ランキング

ヒートアイランド|垣根涼介 辛口感想渋谷のストリートギャングを束ねたアキとカオルが繰り広げる少年たち、謎のプロフェッショナル強盗、ヤクザとの三つ巴の攻防を描いた傑作。渋谷でストリートギャングのトップに立ったアキとカオル。そのグループ雅が行う興業“ファイトパーティ”。仲間の不始末でそのシノギを狙うヤク...

≫続きを読む

 

ワイルド・ソウル|垣根涼介|おすすめ小説ランキング

ワイルド・ソウル|垣根涼介 辛口感想第25回(2004年) 吉川英治文学新人賞受賞、第6回(2004年) 大藪春彦賞受賞を受賞。過去と現在の2部構成からなる壮大なストーリー。正確に表現すると、過去が2つの時代に分けて紹介され、現在となる3部構成ともいえます。まず、驚いたのが、ブラジル移民の話。日本に...

≫続きを読む

 

クレイジーヘヴン|垣根涼介|おすすめ小説ランキング

クレイジーヘヴン|垣根涼介 辛口感想その瞬間、世界はすべて鮮やかになる。喘ぐ男と女。破滅への疾走。坂脇恭一は27歳のありふれたサラリーマンだが、孤独な胸の内に自己破壊にも似た狂気を常に隠し持っていた。彼とひょんなことから出会う23歳の元OL・田所圭子は、冴えない中年ヤクザと同棲して美人局をしている。...

≫続きを読む

 
ランクの目安は下記を参考にしてください。

「やめとけ!買うというより読んじゃダメだ。」というレベル。

「やめた方がいい。買うと損するぞ。」というレベル。

「時間があったら読んでもいいんじゃない。」というレベル。

「割といい感じだと思う。」というレベル。

「すごくいいぜ!読む価値あるよ。」というレベル。

「絶対読んで!何が何でも読んでね。」というレベル。
選定した本及び感想については大きく偏っている可能性もありますが、実際に読みたかった本や話題の本などを自分の好みに合わせて読んでいるだけなので、何を意識したものでもありません。また、ここで記述されてある感想についても管理者自身の感想となりますので、何かを保証するものではありません。

読書好きのための良いものグッズ

『美月幸房』
ブックカバー 帆布製


Beahouse
ブックカバー/ブラック


Beahouse
ブックカバー/マーブルブラック


リサイクルレザー文庫版
ブックカバー/キャメル


etranger di costarica
ブックカバー四六判/ブラック


ワールドCP
ブックカバー文庫版/ブラック


レイメイ藤井
ブックメイト/ブラック


フランク・ロイド・ライト
ブックマーク MoMA


ブックダーツ
チョコラベル75個ミックス



 
おすすめ小説TOP 掲載小説一覧 プライバシーポリシー お問い合わせ