勝目梓の小説を紹介|おすすめ小説ランキング

勝目梓

勝目梓プロフィール
(Wikipediaより)

 

東京生まれ。幼い頃両親が離婚し、母とともに九州に渡る。鹿児島県立伊集院高等学校中退。長崎で炭鉱夫として働き、労組の責任者となるが闘争に敗れて退職。ほか養鶏業、自動車教習所教員など、さまざまな職を転々とし、三年間の結核療養ののち作家を目指す。1962年、初めて書いた小説で文學界新人賞に応募、一次予選通過。愛人を作ること三度、64年、愛人とともに上京、運送会社の運転手として働きながら、『文藝首都』同人となり、翌年、19歳で入会してきた中上健次を知り、中上の才能に打ちのめされる。1966年、34歳で、同誌の推薦作「玩具の花」を『新潮』に発表。1967年、「マイ・カアニヴァル」(『文藝首都』)で上半期芥川賞候補、1968年、「遠景」を『文學界』に、1969年、「花を掲げて」を同誌に発表、直木賞候補となるが、芽が出なかった。70年、森敦と出会い、毎朝激励の電話を受けるなどして文学について教わった結果、娯楽小説に転じる決意をする。1974年、42歳の時に「寝台の方舟」で小説現代新人賞を受賞、1975年から官能小説を中間小説誌に発表するようになり、1977年、45歳で、初の単行本『マン・フラワー号のハント旅行』(グリーンアロー・ブックス) を刊行、1978年、五冊目の単行本『獣たちの熱い眠り』がベストセラーになり、以後、主としてバイオレンス官能作家として、今日まで300冊近い著作を出している。1981年、日本文芸大賞受賞。

 

主な作品

 

  • 夜を真昼に 双葉社 1978 のち徳間文庫
  • 獣たちの熱い眠り 徳間書店 1978 のち文庫、講談社文庫
  • 処刑台の昏き祭り 徳間書店 1979 のち文庫、「昏き処刑台」講談社文庫
  • 欲望の密室 実業之日本社 1979 のち角川文庫
  • 夜の牙 日刊スポーツ出版社 1979 のち徳間文庫
  • 人喰い花 青樹社 1980 のち徳間文庫
  • いつも雑踏の中にいた 文化出版局 1981 のち集英社文庫
  • コードネームは紅い薔薇 有楽出版社 1983 のち光文社文庫
  • 寝台の方舟 講談社 1983 のち文庫
  • 天使たちの肖像 文藝春秋 1985 のち文庫
  • ボクサー 渡嘉敷勝男にみる「男」の研究 実業之日本社 1987 のち集英社文庫
  • 抱擁 白水社 1990 (物語の王国)
  • 俳句の森を散歩する 小学館 2004
  • 棘 文藝春秋、2004 のち文庫 
  • 小説家 講談社 2006
  • 老醜の記 文藝春秋 2007

勝目梓記事一覧

処刑ライセンス|勝目梓|おすすめ小説ランキング

処刑ライセンス|勝目梓 辛口感想独房から一人の男が連れ出された。段英二郎、三十二歳。大阪府警の敏腕刑事だったが、二年前、三人の命を奪い十一年の刑を受け服役した。暴力団幹部・西垣の罠にはめられたのだ。段は刑務所長から、「殺人も許される」処刑執行人としての特命を下された。アジアマフィアと暴力団を壊滅する...

≫続きを読む

 
ランクの目安は下記を参考にしてください。

「やめとけ!買うというより読んじゃダメだ。」というレベル。

「やめた方がいい。買うと損するぞ。」というレベル。

「時間があったら読んでもいいんじゃない。」というレベル。

「割といい感じだと思う。」というレベル。

「すごくいいぜ!読む価値あるよ。」というレベル。

「絶対読んで!何が何でも読んでね。」というレベル。
選定した本及び感想については大きく偏っている可能性もありますが、実際に読みたかった本や話題の本などを自分の好みに合わせて読んでいるだけなので、何を意識したものでもありません。また、ここで記述されてある感想についても管理者自身の感想となりますので、何かを保証するものではありません。

読書好きのための良いものグッズ

『美月幸房』
ブックカバー 帆布製


Beahouse
ブックカバー/ブラック


Beahouse
ブックカバー/マーブルブラック


リサイクルレザー文庫版
ブックカバー/キャメル


etranger di costarica
ブックカバー四六判/ブラック


ワールドCP
ブックカバー文庫版/ブラック


レイメイ藤井
ブックメイト/ブラック


フランク・ロイド・ライト
ブックマーク MoMA


ブックダーツ
チョコラベル75個ミックス



 
おすすめ小説TOP 掲載小説一覧 プライバシーポリシー お問い合わせ