リオ―警視庁強行犯係・樋口顕|今野敏|おすすめ小説ランキング

リオ―警視庁強行犯係・樋口顕|今野敏

リオ―警視庁強行犯係・樋口顕|今野敏 辛口感想

「彼女が容疑者だとは、思えない」警視庁捜査一課強行犯第三係を率いる樋口警部補は、荻窪で起きた殺人事件を追っていた。デートクラブオーナーが殺害され、現場から逃げ去る美少女が目撃される。第二、第三の殺人が都内で起こり、そこにも彼女の姿が。捜査本部は、少女=リオが犯人であろうという説に傾く。しかし、樋口の刑事の直感は、“否"と告げた。名手が描く本格警察小説。

 

私はこの小説が好きです。

 

派手ではなく地味〜な展開にも関わらず、主人公である樋口警部補の人間的な部分がうまーく表現されて、おじさんも捨てたもんじゃないなぁと思わせてくれる非常にいい小説です。

 

すでにこの樋口シリーズは3作ほど読ませてもらったのですが、どれも素晴らしい出来で、なかでもこの「リオ―」は事件の展開ではなく、主人公樋口と女子高生であるリオとの見えない信頼のようなものがわずかですが見え隠れして本当によかったです。

 

このシリーズの特徴は、まず、何といっても樋口警部補のキャラクター設定だと思います。

 

刑事には珍しく謙虚なタイプで慎重に石橋を叩いて渡るタイプ。かといって事なかれ主義ではなく、自分の信念には忠実に物事を進めていくもの。ただ、これだけ書くと結構スマートなイメージがあるのですが、一番面白いのは、樋口自身が優秀でるとは全く思っていないところ、心のなかでは常に自信がなく、人からどう思われているかが気になってしかたがない。ただ、班長ともなるとそれを表情にだすことはしなため、周囲には寡黙でポーカーフェイスなデキる警部補に映ってしまう。そして、上司やまわりにも信頼されるデカとして。

 

私は、周りに評価される樋口が心の中で思っている自身のない内面が共感できてとても好きです。思わず応援したくなるキャラクターに仕上がっています。
ベテラン刑事が口を割らせることができず、樋口の一言で口を開いた容疑者を見て、どんな魔法を使ったのか尋ねられた時、
「―さんは、容疑者にしゃべらせようとした。私は容疑者の話を聞こうとしただけ。」と。
そんな一言が彼の持っている強さなのでしょう。押し出しの強さがない自分を認め、他人をうらやんだり真似したりすることなく、自分の能力だけで長年刑事をやって生き延びてきたからこそ言える一言ではないでしょうか。

 

何となくカッコいいと思ってしまいました。

 

リオに言った最後の一言は私にとって結構グッきて、思わず目が熱くなってしまいました。

 

とにかく、読んでください。第一弾ではないですが、この小説からでも全く問題ないです。

分類

評価

コメント

警察・刑事小説 リオ―警視庁強行犯係・樋口顕

主人公の樋口警部補の人柄・人間的な魅力がじわ〜と伝わってきます。

ランクの目安は下記を参考にしてください。

「やめとけ!買うというより読んじゃダメだ。」というレベル。

「やめた方がいい。買うと損するぞ。」というレベル。

「時間があったら読んでもいいんじゃない。」というレベル。

「割といい感じだと思う。」というレベル。

「すごくいいぜ!読む価値あるよ。」というレベル。

「絶対読んで!何が何でも読んでね。」というレベル。
選定した本及び感想については大きく偏っている可能性もありますが、実際に読みたかった本や話題の本などを自分の好みに合わせて読んでいるだけなので、何を意識したものでもありません。また、ここで記述されてある感想についても管理者自身の感想となりますので、何かを保証するものではありません。

読書好きのための良いものグッズ

『美月幸房』
ブックカバー 帆布製


Beahouse
ブックカバー/ブラック


Beahouse
ブックカバー/マーブルブラック


リサイクルレザー文庫版
ブックカバー/キャメル


etranger di costarica
ブックカバー四六判/ブラック


ワールドCP
ブックカバー文庫版/ブラック


レイメイ藤井
ブックメイト/ブラック


フランク・ロイド・ライト
ブックマーク MoMA


ブックダーツ
チョコラベル75個ミックス


リオ―警視庁強行犯係・樋口顕|今野敏|おすすめ小説ランキング関連ページ

アキハバラ|今野敏
アキハバラ|今野敏|おすすめ小説を紹介します。
マティーニに懺悔を|今野敏
マティーニに懺悔を|今野敏|おすすめ小説を紹介します。
隠蔽捜査|今野敏
隠蔽捜査|今野敏|おすすめ小説を紹介します。
ST 警視庁科学特捜班シリーズ|今野敏
ST 警視庁科学特捜班シリーズ|今野敏|おすすめ小説を紹介します。
イコン|今野敏
イコン|今野敏|おすすめ小説を紹介します。

 
おすすめ小説TOP 掲載小説一覧 プライバシーポリシー お問い合わせ