牧村一人の小説を紹介|おすすめ小説ランキング

牧村一人

牧村一人プロフィール
(Wikipediaより)

 

牧村 一人(まきむら かずひと、1967年8月19日)は、日本の小説家・推理作家。千葉県生まれ。多摩美術大学卒業。
2006年、「俺と雌猫のレクイエム」で第45回オール讀物推理小説新人賞を受賞。2009年、『アダマースの饗宴』(応募時のタイトルは「六本木心中」)で第16回松本清張賞を受賞し作家デビュー。

 

長編

  • アダマースの饗宴(2009年7月 文藝春秋) 【改題】六本木デッドヒート(2012年12月刊行予定 文春文庫)
  • KIRICO@シブヤ(2011年1月 文藝春秋)
  • ブラッディ・ジュエリーは真夜中に笑う(2012年9月 幻冬舎)

 

短編

  • 俺と雌猫のレクイエム(文藝春秋『オール讀物』2006年11月号)
  • たかし君のいる部屋(双葉社『小説推理』2009年12月号)
  • それも仕事のうち(実業之日本社『月刊ジェイ・ノベル』2010年9月号)
  • すべては彼女のため(実業之日本社『月刊ジェイ・ノベル』2012年3月号)
  • 正義の味方じゃなくても(実業之日本社『月刊ジェイ・ノベル』2012年9月号)

牧村一人記事一覧

六本木デッドヒート|牧村一人|おすすめ小説ランキング

六本木デッドヒート|牧村一人 辛口感想殺人を犯し、八年の刑期を終えて出所した元風俗嬢の笙子。これから静かに暮らそうとしていたところ、かつての恋人・加治が銃撃事件を起こして逃亡中であることを知る。加治は関東最大の暴力団・浅尾組のフロント企業から十億円の金を騙し取り、行方をくらませていた。元恋人の笙子は...

≫続きを読む

 
ランクの目安は下記を参考にしてください。

「やめとけ!買うというより読んじゃダメだ。」というレベル。

「やめた方がいい。買うと損するぞ。」というレベル。

「時間があったら読んでもいいんじゃない。」というレベル。

「割といい感じだと思う。」というレベル。

「すごくいいぜ!読む価値あるよ。」というレベル。

「絶対読んで!何が何でも読んでね。」というレベル。
選定した本及び感想については大きく偏っている可能性もありますが、実際に読みたかった本や話題の本などを自分の好みに合わせて読んでいるだけなので、何を意識したものでもありません。また、ここで記述されてある感想についても管理者自身の感想となりますので、何かを保証するものではありません。

読書好きのための良いものグッズ

『美月幸房』
ブックカバー 帆布製


Beahouse
ブックカバー/ブラック


Beahouse
ブックカバー/マーブルブラック


リサイクルレザー文庫版
ブックカバー/キャメル


etranger di costarica
ブックカバー四六判/ブラック


ワールドCP
ブックカバー文庫版/ブラック


レイメイ藤井
ブックメイト/ブラック


フランク・ロイド・ライト
ブックマーク MoMA


ブックダーツ
チョコラベル75個ミックス



 
おすすめ小説TOP 掲載小説一覧 プライバシーポリシー お問い合わせ