強請屋稼業 監禁|南英男|おすすめ小説ランキング

強請屋稼業 監禁|南英男

強請屋稼業 監禁|南英男 辛口感想

男は帰宅途中、擦れ違った女に不意打ちを浴びせられた。意識が戻るとベッドの支柱に四肢を縛られていた――。翌朝、東京地検の玄関前でペニスを切断された男性の死体が発見される。
その昼過ぎ、見城豪のもとに、旧知の老弁護士外山雄平が訪れてきた。彼の弟子筋に当たる、桐生渉検事殺害犯捜しの依頼であった。強請の材料を掴めると踏んだ見城は早速調査に取り掛かる……。

 

というストーリーですが、前提として、刑事時代はスゴ腕、フルコンタクト空手三段、剣道二段、そして、今は浮気調査をメインとする探偵。しかし、その裏稼業は悪人たちからゆすって金を獲る凄腕強請屋(ゆすりや)。

 

この設定は、娯楽としては、個人的に結構惹かれるものがありまして、移動時間用の本として読んでみました。

 

まあ、主人公の見城が悪人ではあるけれども、見城と仲間である現職悪徳刑事と組んで本当の悪と対峙するところは娯楽としては楽しいものでした。
ただ、そのやり取りのセリフなどが、クサいものであることが結構鼻について、読んでいて若干面白くない面もあります。

 

また、見城が女性に対してモテるのはいいのですが、そのモテ方がちょっと現実離れ(こんな男いるのかよ)というった感は否めませんでした。

 

時間がある時にどうぞ。

分類

評価

コメント

サスペンス小説 強請屋稼業 監禁

探偵、実はゆすり屋、そんな見城が巻き込まれる事件。時間があればどうぞ。

ランクの目安は下記を参考にしてください。

「やめとけ!買うというより読んじゃダメだ。」というレベル。

「やめた方がいい。買うと損するぞ。」というレベル。

「時間があったら読んでもいいんじゃない。」というレベル。

「割といい感じだと思う。」というレベル。

「すごくいいぜ!読む価値あるよ。」というレベル。

「絶対読んで!何が何でも読んでね。」というレベル。
選定した本及び感想については大きく偏っている可能性もありますが、実際に読みたかった本や話題の本などを自分の好みに合わせて読んでいるだけなので、何を意識したものでもありません。また、ここで記述されてある感想についても管理者自身の感想となりますので、何かを保証するものではありません。

読書好きのための良いものグッズ

『美月幸房』
ブックカバー 帆布製


Beahouse
ブックカバー/ブラック


Beahouse
ブックカバー/マーブルブラック


リサイクルレザー文庫版
ブックカバー/キャメル


etranger di costarica
ブックカバー四六判/ブラック


ワールドCP
ブックカバー文庫版/ブラック


レイメイ藤井
ブックメイト/ブラック


フランク・ロイド・ライト
ブックマーク MoMA


ブックダーツ
チョコラベル75個ミックス



 
おすすめ小説TOP 掲載小説一覧 プライバシーポリシー お問い合わせ