宮部みゆきの小説を紹介|おすすめ小説ランキング

宮部みゆき

宮部みゆきプロフィール
(Wikipediaより)

 

1960年12月23日、東京都江東区深川に生まれる。東京の下町に育ち、現在もそこで部屋を借り、仕事場にしている。江東区立深川第四中学校を経て東京都立墨田川高等学校卒業。裁判所速記官試験(現在養成中止)に不合格、中根速記学校で速記を学ぶ(速記検定1級取得)。23歳のとき小説を書き始め、法律事務所に勤務しながら、1984年に講談社フェーマススクール・エンタテイメント小説教室に通い、山村正夫などに師事。同講座の受講生に、篠田節子がいる。

 

1987年にオール讀物推理小説新人賞を受賞した短編「我らが隣人の犯罪」でデビュー。ただし最初に出版された書籍は、1989年に東京創元社から『鮎川哲也と十三の謎』の第5回配本として出版された『パーフェクト・ブルー』である。『魔術はささやく』『龍は眠る』(同年同日生まれの綾辻行人と日本推理作家協会賞を同時受賞)などの超能力を扱った作品が多かったが、1992年に発表した『火車』は、クレジットによる多重債務問題を描き出し、山本周五郎賞を受けた。ミステリーではその後『理由』で直木賞、『模倣犯』で毎日出版文化賞特別賞、『名もなき毒』で吉川英治文学賞を受賞。時代小説では、江戸に住む人々の人情を描き、吉川英治文学新人賞を受賞した『本所深川ふしぎ草紙』や、超能力ものの「霊験お初捕物控」、深川を舞台にしたミステリー『ぼんくら』『日暮らし』など。テレビゲームが趣味であり、プレイステーション2用ソフト『ICO』を小説化した作品や、『ドリームバスター』、劇場用アニメ化された『ブレイブ・ストーリー』などのファンタジー小説もある。2012年、『ソロモンの偽証』が、3部作、原稿用紙4700枚という超大作として話題になった。

 

大沢在昌の主宰する事務所(大沢オフィス)に京極夏彦とともに所属。オフィスの公式サイト名は3人の姓から1字ずつとって「大極宮」という。コードネームは「安寿」。また、2005年夏公開の映画『妖怪大戦争』のプロデュースチーム「怪」の一員でもある。

 

(文学賞選考委員歴)

  • 創元推理短編賞(第1回から第6回)
  • 江戸川乱歩賞(第45回から第48回)
  • 横溝正史ミステリ大賞(第17回から第18回)
  • 小説すばる新人賞(第14回から第20回・現職)
  • 日本推理作家協会賞長編及び連作短編集部門(第56回から第57回)
  • 日本推理作家協会賞短編部門・評論その他の部門(第58回から第59回)
  • 吉川英治文学新人賞(第26回から第29回・現職)
  • 直木三十五賞(140回(2008年下半期)から)
  • 日本SF大賞(第31回から)

宮部みゆき記事一覧

レベル7|宮部みゆき|おすすめ小説ランキング

レベル7|宮部みゆき 辛口感想1994年と2012年に過去2回、テレビドラマになっている宮部みゆきのサスペンス小説。あるマンションの一室で目を覚ました二人の男女。しかし、何故か二人とも記憶をなくしていた。そしてその二人の腕には「level7」という不思議な文字が残されていた。マンションの隣の部屋の男...

≫続きを読む

 

模倣犯|宮部みゆき|おすすめ小説ランキング

模倣犯|宮部みゆき 辛口感想2001年11月、第55回毎日出版文化賞特別賞受賞。2002年芸術選奨文部科学大臣賞文学部門受賞。「天才」を自称する犯罪者の暴走を描いたサスペンス作品。犯罪被害者・加害者双方の視点から一つの事件を描写する事によって、エリートを僭称し、完全犯罪を企てたつもりになっている犯罪...

≫続きを読む

 

誰か―Somebody|宮部みゆき|おすすめ小説ランキング

誰か―Somebody|宮部みゆき 辛口感想今多コンツェルン広報室の杉村三郎は、事故死した同社の運転手・梶田信夫の娘たちの相談を受ける。亡き父について本を書きたいという彼女らの思いにほだされ、一見普通な梶田の人生をたどり始めた三郎の前に、意外な情景が広がり始める―。稀代のストーリーテラーが丁寧に紡ぎ...

≫続きを読む

 

名もなき毒|宮部みゆき|おすすめ小説ランキング

名もなき毒|宮部みゆき 辛口感想今多コンツェルン広報室に雇われたアルバイトの原田いずみは、トラブルメーカーだった。解雇された彼女の連絡窓口となった杉村は、振り回される。折しも街では、連続毒殺事件が注目を集めていた。人の心に巣食う毒を圧倒的筆致で描く吉川英治文学賞受賞作。杉村三郎シリーズ第二弾。宮部み...

≫続きを読む

 
ランクの目安は下記を参考にしてください。

「やめとけ!買うというより読んじゃダメだ。」というレベル。

「やめた方がいい。買うと損するぞ。」というレベル。

「時間があったら読んでもいいんじゃない。」というレベル。

「割といい感じだと思う。」というレベル。

「すごくいいぜ!読む価値あるよ。」というレベル。

「絶対読んで!何が何でも読んでね。」というレベル。
選定した本及び感想については大きく偏っている可能性もありますが、実際に読みたかった本や話題の本などを自分の好みに合わせて読んでいるだけなので、何を意識したものでもありません。また、ここで記述されてある感想についても管理者自身の感想となりますので、何かを保証するものではありません。

読書好きのための良いものグッズ

『美月幸房』
ブックカバー 帆布製


Beahouse
ブックカバー/ブラック


Beahouse
ブックカバー/マーブルブラック


リサイクルレザー文庫版
ブックカバー/キャメル


etranger di costarica
ブックカバー四六判/ブラック


ワールドCP
ブックカバー文庫版/ブラック


レイメイ藤井
ブックメイト/ブラック


フランク・ロイド・ライト
ブックマーク MoMA


ブックダーツ
チョコラベル75個ミックス



 
おすすめ小説TOP 掲載小説一覧 プライバシーポリシー お問い合わせ