水谷修の小説を紹介|おすすめ小説ランキング

水谷修

水谷修プロフィール
(Wikipediaより)

 

水谷 修(みずたに おさむ[、1956年5月8日[要出典][2] - )は、日本の教育者。元高等学校教諭であり、児童福祉運動家、ならびに教育評論家。神奈川県横浜市に出生。
神奈川県立横浜翠嵐高等学校、上智大学文学部哲学科卒業。
少年少女の非行や薬物依存症問題に尽力し、5000人超の青少年と向き合っている。夜間に繁華街をパトロールすることから「夜回り先生」との異名を持つ。
著書『夜回り先生』はTBS・水曜プレミア(2004年10月27日放送)にてドラマ化され、水谷の役を寺尾聰が務めた。 更に2009年9月18日には『さよならが、いえなくて』を原作としたドラマ特別企画『さよならが言えなくて』がテレビ朝日で放送。水谷の役を寺脇康文が演じた。
中絶否定論者であり、TBSのテレビ番組「R30」内の岩室紳也とのコーナー『10代の性について』で、強姦により妊娠したとしても、中絶するくらいなら施設に預けて欲しいと語っている。

 

経歴

  • 1956年 横浜市保土ヶ谷区に生まれる
  • 1959年〜1969年 山形県南陽市漆山で過ごす
  • 1975年 上智大学文学部哲学科入学
  • 1983年 横浜市立上菅田養護学校高等部教諭に就任
  • 1988年 横浜市立金沢高等学校社会科教諭に転任
  • 1992年 横浜市立港高等学校に転任
  • 1998年 横浜市立戸塚高等学校定時制に転任
  • 2003年4月 東京都脱法ドラッグ対策委員会委員に就任
  • 2004年4月 横浜市立横浜総合高等学校に転任
  • 2004年9月 横浜市立横浜総合高等学校を退職
  • 2008年4月 花園大学客員教授に就任

 

受賞歴

  • 2003年1月 第17回東京弁護士会人権賞受賞
  • 2003年5月 上智大学コムソフィア賞受賞
  • 2004年11月 第7回内藤寿七郎国際育児賞生命の尊厳賞受賞
  • 2004年12月 第9回横浜弁護士会人権賞受賞

水谷修記事一覧

夜回り先生|水谷修|おすすめ小説ランキング

夜回り先生|水谷修 辛口感想「俺、窃盗やってた」「いいんだよ」、「わたし、援助交際やってた」「いいんだよ」--不登校、ドラッグ、リストカット……闇に飲み込まれていく子どもたちを、哀しい目で、優しい目で、見守り続ける教師がいる。「昨日までのことは、みんないいんだよ」--夜の街を教室に、闇夜を黒板にしな...

≫続きを読む

 
ランクの目安は下記を参考にしてください。

「やめとけ!買うというより読んじゃダメだ。」というレベル。

「やめた方がいい。買うと損するぞ。」というレベル。

「時間があったら読んでもいいんじゃない。」というレベル。

「割といい感じだと思う。」というレベル。

「すごくいいぜ!読む価値あるよ。」というレベル。

「絶対読んで!何が何でも読んでね。」というレベル。
選定した本及び感想については大きく偏っている可能性もありますが、実際に読みたかった本や話題の本などを自分の好みに合わせて読んでいるだけなので、何を意識したものでもありません。また、ここで記述されてある感想についても管理者自身の感想となりますので、何かを保証するものではありません。

読書好きのための良いものグッズ

『美月幸房』
ブックカバー 帆布製


Beahouse
ブックカバー/ブラック


Beahouse
ブックカバー/マーブルブラック


リサイクルレザー文庫版
ブックカバー/キャメル


etranger di costarica
ブックカバー四六判/ブラック


ワールドCP
ブックカバー文庫版/ブラック


レイメイ藤井
ブックメイト/ブラック


フランク・ロイド・ライト
ブックマーク MoMA


ブックダーツ
チョコラベル75個ミックス



 
おすすめ小説TOP 掲載小説一覧 プライバシーポリシー お問い合わせ