五分後の世界|村上龍|おすすめ小説ランキング

五分後の世界|村上龍

五分後の世界|村上龍 辛口感想

まず、分類をどうしようかと思っていました。「架空戦記」「SF戦闘小説」「SF歴史小説」…。まあ、分類は本来、薦める人がカテゴライズするものだと思っていますし、あまり意味がないのかもしれないです。ただ、このサイトを読まれている方が小説の内容をある程度把握できる指標として必要だと思っています。で、私は「パラレルワールド小説」としました。
パラレルワールドを描いた小説は結構ありますが、その分類のなかでは、日本人のメンタリティを描いたものなので、しいていうなら“思想系”とでも分類しておきましょうか。

 

小説の感想ですが、とにかく強烈な一冊でした。読んだ直後は、自分は日本人として生まれたからには日本の良きアイデンティティや誇りを大切にして生きていきたいと、心から思いました。そう思わせてくれる作品でした。

 

あらすじをWikipediaから引用すると、
「箱根でジョギングをしていたはずの小田桐はふと気がつくと、どこだか解らない場所を集団で行進していた。そこは5分のずれで現れた『もう一つの日本』だった。『もう一つの日本』は地下に建設され、人口はたった26万人に激減していたが、民族の誇りを失わず駐留している連合国軍を相手に第二次世界大戦終結後もゲリラ戦を繰り広げていた……。」
となります。

 

しかし、これだけでは全くこの作品からかけ離れています。

 

日本が本土決戦を行い人口が26万人になったことで、日本人は誇りを守るために自らのアイデンティティを確立して、日本人の一番良い部分、思想を最大限に出した場合は、こうした国になるのだろうと感じさせてくれた。

 

現代人の小田桐は、腐りかけた日本人。その小田桐から見た、学生たちの生活、家族の関係、人が求める理想の生き方は目からウロコが落ちるようだった。

 

突然、タイムスリップした小田桐が戦闘を経験した。そして軍隊であるアンダーグラウンドに捕まった時のセリフはとにかくカッコいい。腐った世界にいた小田桐でもやはり日本人の血が流れていた。つかまって処刑されるかもしれない状況においてのセリフ。セリフだけでなく正体不明の小田桐が戦闘に参加したことを知っている警備責任者の思いもヤバい。

 

警備責任者「処刑が恐いか?」
警備の責任者は小田桐に敬意を払っていた。小田桐が国連軍相手に戦ったことを知っているのだ。さっき死ぬ奴をいっぱい見たよ、と小田桐は言った。何てことはねぇ。花瓶が割れるようなもんだ、
警備責任者「貴様は、どこからきたんだ?」
(中略)
警備責任者「ここをどう思う?」
(中略)
一言で言うと、と小田桐は答えた。
気に入った

 

小田桐は、生死を分けた戦いに参加して、そして、本来持つべき日本人のアイデンティティを取り戻したのだと思います。

 

司令官ヤマグチとマツザワ少尉とともに食堂に行った時、となりの家族の会話が耳に入る。

 

父母と、中学生の少年、小学生の少女。中学生の少年が育ち盛りで誰よりも早くチキンライスを食べ終えて、他の家族が食べるのをじっと見る。母親が、まだお腹空いているんじゃないの?と聞かれた時、少年は首を振る。
父親が月見うどんでもと促しても少年は、いいよ、と大きな声で言う。
ボクがもう一つ頼むとおとうさんが使える食券が減るじゃないか。(物資が少ない世界なのだ)
すると、小学生の女の子が食べていたチキンライスを兄に差し出す。
母親は、それを制してあなたはちゃんとたべなきゃだめだと。
父親は少年のために月見うどんを注文する。
月見うどんが運ばれてきて、少年が食べ始めると、父親は、うまいか、と聞く。
少年はうれしそうにうなずく。
それを見ていた小田桐は涙を流しそうになっている自分に気づく。

 

今の日本の家族でこうしたことが当たり前のように会話できる家族がどれほどいるだろうか。
私は、なぜかこの部分を読んで嬉しくて嬉しくて仕方がなかった。本来の家族はこうあって欲しいと思う。

 

これだけではない。ただ、私が嬉しくなったり涙がでそうになった箇所は数えきれないくらいあって、とにかく読んでほしいと思う作品でした。

 

決して楽しいストーリーではないのですが、忘れかけていた日本人としてのアイデンティティを思い出させてくれるいい小説でした。

 

本当にありがとうございます。

 

続編のヒュウガウイルスも同じぐらい良い小説ですので、あとでまた紹介します。

分類

評価

コメント

パラレルワールド小説 五分後の世界

本来持つべき日本人のアイデンティティ。何度読んでも身が引き締まります。

ランクの目安は下記を参考にしてください。

「やめとけ!買うというより読んじゃダメだ。」というレベル。

「やめた方がいい。買うと損するぞ。」というレベル。

「時間があったら読んでもいいんじゃない。」というレベル。

「割といい感じだと思う。」というレベル。

「すごくいいぜ!読む価値あるよ。」というレベル。

「絶対読んで!何が何でも読んでね。」というレベル。
選定した本及び感想については大きく偏っている可能性もありますが、実際に読みたかった本や話題の本などを自分の好みに合わせて読んでいるだけなので、何を意識したものでもありません。また、ここで記述されてある感想についても管理者自身の感想となりますので、何かを保証するものではありません。

読書好きのための良いものグッズ

『美月幸房』
ブックカバー 帆布製


Beahouse
ブックカバー/ブラック


Beahouse
ブックカバー/マーブルブラック


リサイクルレザー文庫版
ブックカバー/キャメル


etranger di costarica
ブックカバー四六判/ブラック


ワールドCP
ブックカバー文庫版/ブラック


レイメイ藤井
ブックメイト/ブラック


フランク・ロイド・ライト
ブックマーク MoMA


ブックダーツ
チョコラベル75個ミックス


五分後の世界|村上龍|おすすめ小説ランキング関連ページ

愛と幻想のファシズム|村上龍
愛と幻想のファシズム|村上龍|おすすめ小説を紹介します。
ヒュウガ・ウイルス―五分後の世界 2|村上龍
ヒュウガ・ウイルス―五分後の世界 2|村上龍|おすすめ小説を紹介します。
69 (シクスティナイン)|村上龍
69 (シクスティナイン)|村上龍|おすすめ小説を紹介します。

 
おすすめ小説TOP 掲載小説一覧 プライバシーポリシー お問い合わせ