大沢在昌の小説を紹介|おすすめ小説ランキング

大沢在昌|おすすめ小説・感想と辛口小説ランキング

大沢在昌プロフィール
(大沢在昌公式サイトより)

 

  • 1956年:愛知県名古屋市出身。慶応義塾大学中退。
  • 1979年:第1回小説推理新人賞を「感傷の街角」で受賞し、デビュー。
  • 1986年:「深夜曲馬団」で日本冒険小説大賞最優秀短編賞受賞。
  • 1991年:「新宿鮫」で第12回吉川英治文学新人賞と第44回日本推理作家協会賞長編部門受賞。
  • 1994年:「無間人形 新宿鮫4」で 第110回直木賞。
  • 2001年:「心では重すぎる」で日本冒険小説大賞。
  • 2002年:「闇先案内人」で日本冒険小説大賞を連続受賞。
  • 2004年:「パンドラ・アイランド」で第17回柴田錬三郎賞受賞。第一回日本推理作家協会チーフブレンダー。
  • 2006年:「狼花 新宿鮫9」で日本冒険小説大賞。
  • 2010年:第14回日本ミステリー文学大賞受賞。
  • 2012年:「絆回廊 新宿鮫10」で日本冒険小説大賞。

大沢在昌記事一覧

新宿鮫|大沢在昌|おすすめ小説ランキング

新宿鮫|大沢在昌 辛口感想大沢在昌の代表作の「新宿鮫シリーズ」の第一弾。主人公は鮫島警部。本来はキャリア組のエリートだった鮫島は、同期の公安内部の暗闘をに巻き込まれて、そこからキャリア組みの出世コースからは外れてしまう。しかし、新宿署に飛ばされてから常に検挙率トップを誇るが、その実直さから異端児とな...

≫続きを読む

 

毒猿 新宿鮫U|大沢在昌|おすすめ小説ランキング

毒猿 新宿鮫U|大沢在昌 辛口感想大沢在昌の代表作の「新宿鮫シリーズ」の第二弾。主人公は鮫島警部。本来はキャリア組のエリートだった鮫島は、同期の公安内部の暗闘をに巻き込まれて、そこからキャリア組みの出世コースからは外れてしまう。しかし、新宿署に飛ばされてから常に検挙率トップを誇るが、その実直さから異...

≫続きを読む

 

屍蘭 新宿鮫V|大沢在昌|おすすめ小説ランキング

屍蘭 新宿鮫V|大沢在昌 辛口感想大沢在昌の代表作の「新宿鮫シリーズ」の第三弾。主人公は鮫島警部。本来はキャリア組のエリートだった鮫島は、同期の公安内部の暗闘をに巻き込まれて、そこからキャリア組みの出世コースからは外れてしまう。しかし、新宿署に飛ばされてから常に検挙率トップを誇るが、その実直さから異...

≫続きを読む

 

無形人形 新宿鮫W|大沢在昌|おすすめ小説ランキング

無形人間 新宿鮫W|大沢在昌 辛口感想大沢在昌の代表作の「新宿鮫シリーズ」の第四弾。主人公は鮫島警部。本来はキャリア組のエリートだった鮫島は、同期の公安内部の暗闘をに巻き込まれて、そこからキャリア組みの出世コースからは外れてしまう。しかし、新宿署に飛ばされてから常に検挙率トップを誇るが、その実直さか...

≫続きを読む

 

炎蛹 新宿鮫X|大沢在昌|おすすめ小説ランキング

炎蛹 新宿鮫X|大沢在昌 辛口感想大沢在昌の代表作の「新宿鮫シリーズ」の第五弾。主人公は鮫島警部。本来はキャリア組のエリートだった鮫島は、同期の公安内部の暗闘をに巻き込まれて、そこからキャリア組みの出世コースからは外れてしまう。しかし、新宿署に飛ばされてから常に検挙率トップを誇るが、その実直さから異...

≫続きを読む

 

灰夜 新宿鮫Z|大沢在昌|おすすめ小説ランキング(コピー)

灰夜 新宿鮫Z|大沢在昌 辛口感想目覚めたとき、鮫島は闇に包まれた檻の中にいた自殺した同僚・宮本の七回忌に彼の故郷を訪れた鮫島。宮本の旧友と会った直後、周囲で何かが動き出す。麻薬取締官、県警の刑事、地元の暴力団。その深夜、鮫島は拉致された底知れぬ力の影が交錯する中、見知らぬ街で孤立無援の闘いが始...

≫続きを読む

 

眠たい奴ら|大沢在昌|おすすめ小説ランキング

眠たい奴ら|大沢在昌 辛口感想織に莫大な借金を負わせ、東京から地方の温泉街に逃げ込んだ経済ヤクザ・高見。一方、大阪から単独捜査のため、その街を訪れたはみ出し刑事・月岡。街で二人を待っていたのは、地元の政治家や観光業者をまきこんだ巨大新興宗教団体の跡目争いと、闇にうごめく寄生虫たち―。惚れた女のために...

≫続きを読む

 

走らなあかん、夜明けまで|大沢在昌|おすすめ小説ランキング

走らなあかん、夜明けまで|大沢在昌 辛口感想生まれて初めての大阪出張。二十七歳のサラリーマン坂田勇吉(ゆうきち)は、企業秘密の新製品を詰めたアタッシェケースを、手違いから堀河組というやくざに持って行かれてしまう。取り戻すには、敵対するセンバ会から取引代金の五千万円を奪わなければならない! 日本一不運...

≫続きを読む

 

心では重すぎる|大沢在昌|おすすめ小説ランキング

心では重すぎる|大沢在昌 辛口感想心に比べれば、体なんて軽いものさ…。失踪した人気漫画家の行方を追う探偵・佐久間公の前に、謎の女子高生が立ちはだかる。渋谷を舞台に現代を描ききった渾身の長篇 。佐久間公シリーズでは、主人公の私立探偵・佐久間公が40歳を過ぎた設定の彼の後半の物語。佐久間公は20代の時、...

≫続きを読む

 

魔物|大沢在昌|おすすめ小説ランキング

魔物|大沢在昌 辛口感想イコンに描かれていた「カシアン」は聖人に列せられながらも、心に強い憎しみを抱えた人間にとりついて、欲望を満たす力を与える魔物であるという。その伝説ゆえ長きにわたって封じられていたのだ。超人的な力を発揮して逃走を続けるロシア人との奇妙な符号に気づいた大塚は、命をかけて真実を突き...

≫続きを読む

 

北の狩人|大沢在昌|おすすめ小説ランキング

北の狩人|大沢在昌 辛口感想新宿に北の国から謎の男が現れる。獣のような野性的な肉体は、特別な訓練を積んだことを物語っていた。男は歌舞伎町で十年以上も前に潰れた暴力団のことを聞き回る。一体何を企んでいるというのか。不穏な気配を感じた新宿署の刑事・佐江は、その男をマークするのだが…。新宿にもう一人のヒー...

≫続きを読む

 

砂の狩人|大沢在昌|おすすめ小説ランキング

砂の狩人|大沢在昌 辛口感想大沢在昌の狩人シリーズ第2弾。昔、狂犬と呼ばれた元刑事の西野は、千葉の漁村で魚を採って静かに暮らしていた。その西野の元へ、新井警部補と女性キャリアの時岡警視正が現れる。時岡は西野にある事件の捜査への協力の依頼に来た。忘れていた衝動が走り、西野は再び新宿へ向かう決心をする。...

≫続きを読む

 

獣眼|大沢在昌|おすすめ小説ランキング

獣眼|大沢在昌 辛口感想腕利きのボディガード・キリのもとに、河田早苗と名乗る女性から警護の依頼が…。対象者は森野さやか、17歳。1週間、昼夜を問わず彼女を守ってほしいという。彼女はプロの殺し屋から狙われているらしい。さやかに人の過去を見抜ける「神眼」という特殊能力が近々開花するのを恐れ、さやかの抹殺...

≫続きを読む

 

冬芽の人|大沢在昌|おすすめ小説ランキング

冬芽の人|大沢在昌 辛口感想彼を守れるのは、私だけ――元女性刑事の孤独な闘いを描く極上エンターテインメント! 殺人事件の捜査中の事故がもとで同僚を亡くし、その責を負って警察を辞めた牧しずりは、同僚の息子・岬人と出会う。彼がもたらしたのは解決したはずの事件に関わる新情報だった――次々と消息を絶つ関係者...

≫続きを読む

 
ランクの目安は下記を参考にしてください。

「やめとけ!買うというより読んじゃダメだ。」というレベル。

「やめた方がいい。買うと損するぞ。」というレベル。

「時間があったら読んでもいいんじゃない。」というレベル。

「割といい感じだと思う。」というレベル。

「すごくいいぜ!読む価値あるよ。」というレベル。

「絶対読んで!何が何でも読んでね。」というレベル。
選定した本及び感想については大きく偏っている可能性もありますが、実際に読みたかった本や話題の本などを自分の好みに合わせて読んでいるだけなので、何を意識したものでもありません。また、ここで記述されてある感想についても管理者自身の感想となりますので、何かを保証するものではありません。

読書好きのための良いものグッズ

『美月幸房』
ブックカバー 帆布製


Beahouse
ブックカバー/ブラック


Beahouse
ブックカバー/マーブルブラック


リサイクルレザー文庫版
ブックカバー/キャメル


etranger di costarica
ブックカバー四六判/ブラック


ワールドCP
ブックカバー文庫版/ブラック


レイメイ藤井
ブックメイト/ブラック


フランク・ロイド・ライト
ブックマーク MoMA


ブックダーツ
チョコラベル75個ミックス



 
おすすめ小説TOP 掲載小説一覧 プライバシーポリシー お問い合わせ