魔物|大沢在昌|おすすめ小説ランキング

魔物|大沢在昌

魔物|大沢在昌 辛口感想

 

イコンに描かれていた「カシアン」は聖人に列せられながらも、心に強い憎しみを抱えた人間にとりついて、欲望を満たす力を与える魔物であるという。その伝説ゆえ長きにわたって封じられていたのだ。超人的な力を発揮して逃走を続けるロシア人との奇妙な符号に気づいた大塚は、命をかけて真実を突き止めるため、心の奥底に澱んでいた過去の傷と対峙しようと決意する。向かった先は東京、憎しみが渦巻く魔物の理想郷だった…。
単なるファンタジーかと思いつつ、大沢在昌の警察小説の枠の中で展開する、大沢作品にしては一風変わったストーリー。

 

大沢在昌の作品はほとんど読破していて、ファンタジー系のものもいくつかあります。ただ、大沢在昌の得意中の得意としている警察小説にファンタジーを持ち込んだものはほとんどないのではないでしょうか。
かといって、陳腐なストーリーではなく、きちんと警察小説の域をでていないのはさすがだと思います。

 

麻薬取締官の大塚が体験したイコンに封印された魔物が犯す殺人事件。そしてそれを唯一理解するロシア人ホステス・ジャンナだが、彼らの信じられないが、真剣な話にまわりの警察関係者は徐々に話を信じていく。本来なら信じられない話だがそれを事実としてストーリーを展開する大沢在昌の手腕は正直すごい。

 

また、イコン(聖人画)という謎めいたテーマがさらにストーリーを面白くしていきます。

 

カシアンが取りついたとき、人の持つ憎しみをさらに増大させ、犯罪に歯止めをかけない。

 

今、日本では、理解できない猟奇殺人が発生している。昔なら、信じられない猟奇殺人も今ではそれほど珍しくもなく起こる現実。そうした今の日本にカシアンが取りついたら…。東京はさぞ、カシアンの住みやすいところなのではないでしょうか。そう考えるとぞっとして、そこまでわけのわからない犯罪が日本では多くなってきたと実感せざるを得ないシーンもありました。

 

ハードカバーを購入したのですが、正解でした。

 

再度読みたい小説です。

分類

評価

コメント

ファンタジーミステリー小説 魔物

正教会で神の象徴として描かれる宗教画に悪魔が取りついていたという突飛な話。でも引き込まれてしまった。

ランクの目安は下記を参考にしてください。

「やめとけ!買うというより読んじゃダメだ。」というレベル。

「やめた方がいい。買うと損するぞ。」というレベル。

「時間があったら読んでもいいんじゃない。」というレベル。

「割といい感じだと思う。」というレベル。

「すごくいいぜ!読む価値あるよ。」というレベル。

「絶対読んで!何が何でも読んでね。」というレベル。
選定した本及び感想については大きく偏っている可能性もありますが、実際に読みたかった本や話題の本などを自分の好みに合わせて読んでいるだけなので、何を意識したものでもありません。また、ここで記述されてある感想についても管理者自身の感想となりますので、何かを保証するものではありません。

読書好きのための良いものグッズ

『美月幸房』
ブックカバー 帆布製


Beahouse
ブックカバー/ブラック


Beahouse
ブックカバー/マーブルブラック


リサイクルレザー文庫版
ブックカバー/キャメル


etranger di costarica
ブックカバー四六判/ブラック


ワールドCP
ブックカバー文庫版/ブラック


レイメイ藤井
ブックメイト/ブラック


フランク・ロイド・ライト
ブックマーク MoMA


ブックダーツ
チョコラベル75個ミックス


魔物|大沢在昌|おすすめ小説ランキング関連ページ

新宿鮫|大沢在昌
新宿鮫|大沢在昌|おすすめ小説を紹介します。
毒猿 新宿鮫U|大沢在昌
毒猿 新宿鮫U|大沢在昌|おすすめ小説を紹介します。
屍蘭 新宿鮫V|大沢在昌
屍蘭 新宿鮫V|大沢在昌|おすすめ小説を紹介します。
無形人形 新宿鮫W|大沢在昌
無形人形 新宿鮫W|大沢在昌|おすすめ小説を紹介します。
炎蛹 新宿鮫X|大沢在昌
炎蛹 新宿鮫X|大沢在昌|おすすめ小説を紹介します。
灰夜 新宿鮫Z|大沢在昌
灰夜 新宿鮫Z|大沢在昌|おすすめ小説を紹介します。
眠たい奴ら|大沢在昌
眠たい奴ら|大沢在昌|おすすめ小説を紹介します。
走らなあかん、夜明けまで|大沢在昌
走らなあかん、夜明けまで|大沢在昌|おすすめ小説を紹介します。
心では重すぎる|大沢在昌
心では重すぎる|大沢在昌|おすすめ小説を紹介します。
北の狩人|大沢在昌
北の狩人|大沢在昌|おすすめ小説を紹介します。
砂の狩人|大沢在昌
砂の狩人|大沢在昌|おすすめ小説を紹介します。
獣眼|大沢在昌
獣眼|大沢在昌|おすすめ小説を紹介します。
冬芽の人|大沢在昌
冬芽の人|大沢在昌|おすすめ小説を紹介します。

 
おすすめ小説TOP 掲載小説一覧 プライバシーポリシー お問い合わせ