毒猿 新宿鮫U|大沢在|おすすめ小説ランキング

毒猿 新宿鮫U|大沢在昌

毒猿 新宿鮫U|大沢在昌 辛口感想

大沢在昌の代表作の「新宿鮫シリーズ」の第二弾。
主人公は鮫島警部。本来はキャリア組のエリートだった鮫島は、同期の公安内部の暗闘をに巻き込まれて、そこからキャリア組みの出世コースからは外れてしまう。しかし、新宿署に飛ばされてから常に検挙率トップを誇るが、その実直さから異端児となってしまう。しかし誰にも屈せず、闘う姿勢は、新宿鮫と呼ばれ管内のやくざからも一目置かれる存在となる。

 

第二弾は、新宿御苑を舞台に、「毒猿」と呼ばれる台湾の元特殊部隊の殺し屋が復讐のために日本に逃げている台湾マフィアのボスの暗殺を計画するストーリー。それを阻止しようと動くのはもちろん鮫島警部だが、同じく台湾の元特殊部隊の警察官との連携により大きく物語が動いていく。
印象に残るのは、台湾の警察官である郭(グオ)と鮫島とのお互いを共感しあえる友情の表現。出会ってから間もないが、お互い刑事であることや、時には規則を破ってまで信念を貫いて自分を信じて行動する点など、お互い言葉に出さないがしっかり結びついていることが伝わってくるストーリー展開がなぜか嬉しい。ある意味「毒猿」も似ているかもしれないと感じたのは私だけじゃないと思います。
でも、作家の大沢氏も言っていますが、この毒猿は新宿鮫シリーズでも異質の作品なんだそうです。つまり、新宿鮫主人公の作品というよりは、「「毒猿」という暗殺者と「郭」という台湾の刑事の話」なのです。
そのなかでも、新宿鮫である、鮫島と登場人物の心のつながりが非常にあらわれていて、さらに、ハリウッドばりのアクションもあるものでした。

 

鮫島の上司である桃井も規則をやぶりかけている鮫島を理解して、鮫島と郭の関係をつべこべ言わずに側面でサポートする。

 

郭と毒猿に関する情報を鮫島が上司である桃井に報告しなかった際、鮫島がそのことを桃井に詫びた時の桃井と鮫島の会話。
桃井「君は、荒木警視に協力したい。と思う気持ちより、郭に対して感じた友情の方が大きかったのではないのかね」
***中略***
鮫島「私は課長にご迷惑ばかりおかけしています」
桃井「やりたいようにやればいい。私が課長の新宿署防犯に、君がいるあいだは」
命をかけたやり取りをしたもの同士で通じる会話。第一弾と今までのストーリーの中で、桃井が鮫島のことを鮫島が桃井のことを絶対の信頼がベースにあることがわかって、なぜか読んでるこちらも嬉しくなってた。

 

また、毒猿が荒木警視のいるところを襲撃した現場に鮫島と郭が駆けつけ、台湾のボス葉威と日本のやくざがさらった田口清美の命を尊重する鮫島と郭との会話。
荒木「おい、まさかいくつもりじゃないだろうな。もう少し待てば何とかする。だから今、踏み込むのはやめておけ」
鮫島「時間がありません。田口清美の生命に危険があります」
荒木「しかし、ひとりじゃ−」
郭「ひとりじゃ、ないです」
荒木「−いかん。それはいかん。何かあったら越権行為になる」
***中略***
郭「連れて行きます、ね」
鮫島は頷いた。
鮫島「ええ。あなたが情報提供者です。私はあなたの案内がなければ現場に着けなかった、報告書には、そう書きます」
郭は微笑んだ。
郭「あなたの背中、私、守ります」
こういった男の友情は、なぜか目頭が熱くなってきます。本当に読んでよかったと。

 

こういう小説を読むと、自分は果たして信念を貫いているのだろうか、信念を貫いてからこそ得られる友人、先輩、後輩が本当にいるのだろうかと考えさせられることがあります。もちろん、自信を持って言えるわけではありまえん。ただ、自分だけ得することはせずに信念を貫きたいと思わせてくれる小説です。ただ1点、郭の最終的な展開が寂し過ぎる…。

分類

評価

コメント

警察・刑事小説 毒猿 新宿鮫U

新宿鮫シリーズでも大好きなもの。異国から来た同胞の友情が熱い。

ランクの目安は下記を参考にしてください。

「やめとけ!買うというより読んじゃダメだ。」というレベル。

「やめた方がいい。買うと損するぞ。」というレベル。

「時間があったら読んでもいいんじゃない。」というレベル。

「割といい感じだと思う。」というレベル。

「すごくいいぜ!読む価値あるよ。」というレベル。

「絶対読んで!何が何でも読んでね。」というレベル。
選定した本及び感想については大きく偏っている可能性もありますが、実際に読みたかった本や話題の本などを自分の好みに合わせて読んでいるだけなので、何を意識したものでもありません。また、ここで記述されてある感想についても管理者自身の感想となりますので、何かを保証するものではありません。

読書好きのための良いものグッズ

『美月幸房』
ブックカバー 帆布製


Beahouse
ブックカバー/ブラック


Beahouse
ブックカバー/マーブルブラック


リサイクルレザー文庫版
ブックカバー/キャメル


etranger di costarica
ブックカバー四六判/ブラック


ワールドCP
ブックカバー文庫版/ブラック


レイメイ藤井
ブックメイト/ブラック


フランク・ロイド・ライト
ブックマーク MoMA


ブックダーツ
チョコラベル75個ミックス


毒猿 新宿鮫U|大沢在昌|おすすめ小説ランキング関連ページ

新宿鮫|大沢在昌
新宿鮫|大沢在昌|おすすめ小説を紹介します。
屍蘭 新宿鮫V|大沢在昌
屍蘭 新宿鮫V|大沢在昌|おすすめ小説を紹介します。
無形人形 新宿鮫W|大沢在昌
無形人形 新宿鮫W|大沢在昌|おすすめ小説を紹介します。
炎蛹 新宿鮫X|大沢在昌
炎蛹 新宿鮫X|大沢在昌|おすすめ小説を紹介します。
灰夜 新宿鮫Z|大沢在昌
灰夜 新宿鮫Z|大沢在昌|おすすめ小説を紹介します。
眠たい奴ら|大沢在昌
眠たい奴ら|大沢在昌|おすすめ小説を紹介します。
走らなあかん、夜明けまで|大沢在昌
走らなあかん、夜明けまで|大沢在昌|おすすめ小説を紹介します。
心では重すぎる|大沢在昌
心では重すぎる|大沢在昌|おすすめ小説を紹介します。
魔物|大沢在昌
魔物|大沢在昌|おすすめ小説を紹介します。
北の狩人|大沢在昌
北の狩人|大沢在昌|おすすめ小説を紹介します。
砂の狩人|大沢在昌
砂の狩人|大沢在昌|おすすめ小説を紹介します。
獣眼|大沢在昌
獣眼|大沢在昌|おすすめ小説を紹介します。
冬芽の人|大沢在昌
冬芽の人|大沢在昌|おすすめ小説を紹介します。

 
おすすめ小説TOP 掲載小説一覧 プライバシーポリシー お問い合わせ