屍蘭 新宿鮫V|大沢在昌|おすすめ小説ランキング

屍蘭 新宿鮫V|大沢在昌

屍蘭 新宿鮫V|大沢在昌 辛口感想

大沢在昌の代表作の「新宿鮫シリーズ」の第三弾。
主人公は鮫島警部。本来はキャリア組のエリートだった鮫島は、同期の公安内部の暗闘をに巻き込まれて、そこからキャリア組みの出世コースからは外れてしまう。しかし、新宿署に飛ばされてから常に検挙率トップを誇るが、その実直さから異端児となってしまう。しかし誰にも屈せず、闘う姿勢は、新宿鮫と呼ばれ管内のやくざからも一目置かれる存在となる。

 

第三弾は、高級コールガールの元締め・浜倉が殺される。それを調べていくうちに、浜倉の元妻で浜倉のもとで働いていたコールガールたちの相談に乗っていた藍と出会う。また、捜査を進めていくうちにそのコールガールの一人ミカヨの彼氏も行方が分からなくなる。
今回は、藍と鮫島とのやりとりでなぜかほっとする場面があり、ミカヨを護る晶の協力もあり、職業や背景を問わず、それぞれ実直に生きている女性たちがすがすがしいと思いました。

 

鮫島が浜倉のところで働いていたコールガールたちが集まる藍の店に行った時の会話。
藍「知ってるの?ミクちゃん」
ミク「浜倉さんが、何かあったとき。それが藍さんに頼れそうもないようなことだったら、新宿署の刑事さんで、新宿鮫って呼ばれている人のところにいってみなさいって。もし、浜倉さんがパクられちゃったりしてて、どうにもできないようなときはって」「自分が知っている中で、ひとりだけ信用できる刑事だって。あとは最低の奴ばっかりだって」
コールガールの元締めでありながら、ケツもちをつけず、女性にも気を使って、ある意味まっとうにやっている浜倉だから、鮫島の筋を通すやり方を理解していたのだろう。犯罪者と刑事という枠ではなく、人間対人間の温かみを感じたセリフだった。

 

その裏で、狂っているともいえる殺人鬼・ふみ枝。それをうまくコントロール藤崎綾香。そして藤崎綾香にしもべともいえる元刑事でボディーガードの光塚。悪役たちも想像を絶する個性的な面々と鮫島を陥れようとする画策。この展開は読んでいてハラハラしてくる。
鮫島が初めて画策にはまり警察からはじきだされようとした時に、影で協力する桃井の動きは、登場場面はそれほど多くないのだが、きっちりとした存在感を出していて今回も桃井の対応には口には出さない友情を感じた。。
この小説は、新宿鮫シリーズでは犯人の背景や協力者の特異な環境、鮫島を陥れる手法など、読者が想像してこなかった新しいストーリー展開でまたもや非常に良かったです。

 

分類

評価

コメント

警察・刑事小説 屍蘭 新宿鮫V

複雑な犯人の背景、鮫島への罠、新宿鮫の新しい展開で非常に楽しめた。

ランクの目安は下記を参考にしてください。

「やめとけ!買うというより読んじゃダメだ。」というレベル。

「やめた方がいい。買うと損するぞ。」というレベル。

「時間があったら読んでもいいんじゃない。」というレベル。

「割といい感じだと思う。」というレベル。

「すごくいいぜ!読む価値あるよ。」というレベル。

「絶対読んで!何が何でも読んでね。」というレベル。
選定した本及び感想については大きく偏っている可能性もありますが、実際に読みたかった本や話題の本などを自分の好みに合わせて読んでいるだけなので、何を意識したものでもありません。また、ここで記述されてある感想についても管理者自身の感想となりますので、何かを保証するものではありません。

読書好きのための良いものグッズ

『美月幸房』
ブックカバー 帆布製


Beahouse
ブックカバー/ブラック


Beahouse
ブックカバー/マーブルブラック


リサイクルレザー文庫版
ブックカバー/キャメル


etranger di costarica
ブックカバー四六判/ブラック


ワールドCP
ブックカバー文庫版/ブラック


レイメイ藤井
ブックメイト/ブラック


フランク・ロイド・ライト
ブックマーク MoMA


ブックダーツ
チョコラベル75個ミックス


屍蘭 新宿鮫V|大沢在昌|おすすめ小説ランキング関連ページ

新宿鮫|大沢在昌
新宿鮫|大沢在昌|おすすめ小説を紹介します。
毒猿 新宿鮫U|大沢在昌
毒猿 新宿鮫U|大沢在昌|おすすめ小説を紹介します。
無形人形 新宿鮫W|大沢在昌
無形人形 新宿鮫W|大沢在昌|おすすめ小説を紹介します。
炎蛹 新宿鮫X|大沢在昌
炎蛹 新宿鮫X|大沢在昌|おすすめ小説を紹介します。
灰夜 新宿鮫Z|大沢在昌
灰夜 新宿鮫Z|大沢在昌|おすすめ小説を紹介します。
眠たい奴ら|大沢在昌
眠たい奴ら|大沢在昌|おすすめ小説を紹介します。
走らなあかん、夜明けまで|大沢在昌
走らなあかん、夜明けまで|大沢在昌|おすすめ小説を紹介します。
心では重すぎる|大沢在昌
心では重すぎる|大沢在昌|おすすめ小説を紹介します。
魔物|大沢在昌
魔物|大沢在昌|おすすめ小説を紹介します。
北の狩人|大沢在昌
北の狩人|大沢在昌|おすすめ小説を紹介します。
砂の狩人|大沢在昌
砂の狩人|大沢在昌|おすすめ小説を紹介します。
獣眼|大沢在昌
獣眼|大沢在昌|おすすめ小説を紹介します。
冬芽の人|大沢在昌
冬芽の人|大沢在昌|おすすめ小説を紹介します。

 
おすすめ小説TOP 掲載小説一覧 プライバシーポリシー お問い合わせ