冬芽の人|大沢在昌|おすすめ小説ランキング

冬芽の人|大沢在昌

冬芽の人|大沢在昌 辛口感想

彼を守れるのは、私だけ――元女性刑事の孤独な闘いを描く極上エンターテインメント! 殺人事件の捜査中の事故がもとで同僚を亡くし、その責を負って警察を辞めた牧しずりは、同僚の息子・岬人と出会う。彼がもたらしたのは解決したはずの事件に関わる新情報だった――次々と消息を絶つ関係者、事件を掘り返したくない警察。味方も武器も持たないしずりは、事件の真相に辿り着き、失われた人生を取り戻すことができるのか。

 

前回の「獣眼」でちょこっと残念だったため、リベンジ的な意味での期待は大きかったと思います。

 

で、感想なのですが、主人公の元女性刑事しずりが、ヒーロー(ヒロイン)的ではないストーリーは、大沢在昌の別軸の展開として結構面白かったです。

 

好意を寄せられていた先輩刑事・前田の殉職の責任を感じて辞職したしずり。事故から6年、とにかく波風立てずに静かに生きていくことを望んでいた生活に前田の前妻の息子・岬人が現れ、物語は展開していく。

 

ここでは、大沢作品には珍しく主人公は元女刑事でどちらかというと地味な女性。贖罪というのでしょうか。そうした生活を行っているところから過去の犯罪が徐々に明るみに出てきます。若干長めではありましたが、西野という謎の週刊誌記者がちらちらと出てくることろはさすが大沢節だと感じました。

 

ネット上の色々な感想を見てみると、「しずりと岬人の恋愛感情云々はどうかと思う」といった感想がいくつか見受けられましたが、最終的にベッドシーンがないことが救いになったと私個人的には感じています。まあ、言う人の気持ちもわからないでもありません。

 

さて、ストーリーは前述しましたが、大沢節がきいていて、安心して読めたこと。今回は男同士の友情はなかったけど、しずりの警察時代のライバル(本人はそう思っていなかった)である元同僚との友情があったこと。展開が思わぬ謎に包まれていたこと。といった点では良かったんじゃないかと。

 

ただ、新宿鮫、佐久間公シリーズ、狩人シリーズと比べると、なんせ迫力が半分以下だったような気がしてなりません。

 

次回作は、もっとパワーのある大沢節を期待しています。

分類

評価

コメント

ハードボイルド小説 冬芽の人

ヒーロー的な展開ではないもうひとつの大沢ストーリー。なかなかでした。

ランクの目安は下記を参考にしてください。

「やめとけ!買うというより読んじゃダメだ。」というレベル。

「やめた方がいい。買うと損するぞ。」というレベル。

「時間があったら読んでもいいんじゃない。」というレベル。

「割といい感じだと思う。」というレベル。

「すごくいいぜ!読む価値あるよ。」というレベル。

「絶対読んで!何が何でも読んでね。」というレベル。
選定した本及び感想については大きく偏っている可能性もありますが、実際に読みたかった本や話題の本などを自分の好みに合わせて読んでいるだけなので、何を意識したものでもありません。また、ここで記述されてある感想についても管理者自身の感想となりますので、何かを保証するものではありません。

読書好きのための良いものグッズ

『美月幸房』
ブックカバー 帆布製


Beahouse
ブックカバー/ブラック


Beahouse
ブックカバー/マーブルブラック


リサイクルレザー文庫版
ブックカバー/キャメル


etranger di costarica
ブックカバー四六判/ブラック


ワールドCP
ブックカバー文庫版/ブラック


レイメイ藤井
ブックメイト/ブラック


フランク・ロイド・ライト
ブックマーク MoMA


ブックダーツ
チョコラベル75個ミックス


冬芽の人|大沢在昌|おすすめ小説ランキング関連ページ

新宿鮫|大沢在昌
新宿鮫|大沢在昌|おすすめ小説を紹介します。
毒猿 新宿鮫U|大沢在昌
毒猿 新宿鮫U|大沢在昌|おすすめ小説を紹介します。
屍蘭 新宿鮫V|大沢在昌
屍蘭 新宿鮫V|大沢在昌|おすすめ小説を紹介します。
無形人形 新宿鮫W|大沢在昌
無形人形 新宿鮫W|大沢在昌|おすすめ小説を紹介します。
炎蛹 新宿鮫X|大沢在昌
炎蛹 新宿鮫X|大沢在昌|おすすめ小説を紹介します。
灰夜 新宿鮫Z|大沢在昌
灰夜 新宿鮫Z|大沢在昌|おすすめ小説を紹介します。
眠たい奴ら|大沢在昌
眠たい奴ら|大沢在昌|おすすめ小説を紹介します。
走らなあかん、夜明けまで|大沢在昌
走らなあかん、夜明けまで|大沢在昌|おすすめ小説を紹介します。
心では重すぎる|大沢在昌
心では重すぎる|大沢在昌|おすすめ小説を紹介します。
魔物|大沢在昌
魔物|大沢在昌|おすすめ小説を紹介します。
北の狩人|大沢在昌
北の狩人|大沢在昌|おすすめ小説を紹介します。
砂の狩人|大沢在昌
砂の狩人|大沢在昌|おすすめ小説を紹介します。
獣眼|大沢在昌
獣眼|大沢在昌|おすすめ小説を紹介します。

 
おすすめ小説TOP 掲載小説一覧 プライバシーポリシー お問い合わせ