禿鷹の夜|逢坂剛|おすすめ小説ランキング

禿鷹の夜|逢坂剛

禿鷹の夜|逢坂剛 辛口感想

 

 

 

 

信じるものは拳とカネ。史上最悪の刑事・禿富鷹秋−通称ハゲタカは神宮署の放し飼い。ヤクザにたかる。弱きはくじく。しかし、恋人を奪った南米マフィアだけは許せない。痛快無比!血も涙もひとかけらの正義もない非常の刑事を描いて、読書界を震撼させた問題作。本邦初の警察暗黒小説の登場です。(裏表紙より)

 

かなりぶっ飛んだ作品でした。最初に読んだ時はとにかく衝撃でつい笑ってしまったほど。
一番いいのは、主人公のハゲタカ(禿富鷹秋)が気持ち良すぎるほどの悪漢で、何にでも、誰にでも躊躇するところなく、言い方をかえればスマートに悪漢ぶりを披露していくことろです。ヤクザ相手に癒着も当たり前のようにして、なおかつ、ヤクザに飼いならされることはせず、常に自分の思った通りに進めて、自分の気に入らないことがあると、ヤクザから手当をもらっていることも忘れたように平気で裏切るのは痛快でした。

 

なかでも、ハゲタカと渋六興業の水間と野田との関係は、この後のシリーズを見てもわかるとおり、腐れ縁というのがぴったりで、なおかつ、冷酷なハゲタカも水間と野田には若干の肩を持つような気がするのは私だけでしょうか。言葉では全く出てこないので、全体の印象でしか感じられないのですが、どうしでしょう。

 

おそらく、きっと、南米マフィアのマスダという共通の敵を徹底的につぶしていく過程で、渋六興業と目的が一致して共闘するところが多々でてくるところがそう思わせるのでしょう。

 

作品の書かれ方もすごく新鮮で、作品中では禿富の内面は全く書かれていません。なぜ、そういう行動をとったのか、今どんな気持ちなのか、それは、ハゲタカの動きや会話そして、水間と野田などの口からしか伝わってこないのです。

 

でも、恋人である青葉和香子を殺害されたことで、その仕返しをするストーリーそして、ハゲタカの行動は痛快そのものだった。それは、ハゲタカがヤクザの渋六興業に指示するだけでなく、自分で率先して、南米の殺し屋とやりあったりするからなのだろう。そして、その強さはハンバない。

 

続編にも大きな期待をしたと思う作品でした。

 

このシリーズは、全4シリーズあるので、とても楽しみです。

分類

評価

コメント

警察・刑事小説 禿鷹の夜

強烈な作品でした。新鮮さがあって、そして禿鷹がなぜか憎めない。

ランクの目安は下記を参考にしてください。

「やめとけ!買うというより読んじゃダメだ。」というレベル。

「やめた方がいい。買うと損するぞ。」というレベル。

「時間があったら読んでもいいんじゃない。」というレベル。

「割といい感じだと思う。」というレベル。

「すごくいいぜ!読む価値あるよ。」というレベル。

「絶対読んで!何が何でも読んでね。」というレベル。
選定した本及び感想については大きく偏っている可能性もありますが、実際に読みたかった本や話題の本などを自分の好みに合わせて読んでいるだけなので、何を意識したものでもありません。また、ここで記述されてある感想についても管理者自身の感想となりますので、何かを保証するものではありません。

読書好きのための良いものグッズ

『美月幸房』
ブックカバー 帆布製


Beahouse
ブックカバー/ブラック


Beahouse
ブックカバー/マーブルブラック


リサイクルレザー文庫版
ブックカバー/キャメル


etranger di costarica
ブックカバー四六判/ブラック


ワールドCP
ブックカバー文庫版/ブラック


レイメイ藤井
ブックメイト/ブラック


フランク・ロイド・ライト
ブックマーク MoMA


ブックダーツ
チョコラベル75個ミックス



 
おすすめ小説TOP 掲載小説一覧 プライバシーポリシー お問い合わせ