歌舞伎町案内人|李小牧|おすすめ小説ランキング

歌舞伎町案内人|李小牧

歌舞伎町案内人|李小牧 辛口感想

アジア最大の歓楽街、新宿歌舞伎町。この街を携帯電話片手に走り回る、長身で二枚目の男。日本語、北京語、広東語、江南語を自在に操るこの男こそ、歌舞伎町の外国人ガイド第一人者、李小牧である。ヤクザを後ろ盾に、刑事を友にして、変貌を続ける歌舞伎町地下社会を驚異的なしぶとさで生き抜いてきたこの男が明らかにする真実とは―。

 

中国からの留学生として来日した李のキャッチ(外国人専門の案内人)としてがそのまま描かれている。

 

日本で懸命に勉強して夢を実現したい。もちろん、その気持ちに嘘はなかった。人一倍好奇心がある方だと思う。
でも、それだけじゃないのも事実だった。お金もたくさん欲しい。旨い飯をたらふく食べたいし、高価なブランドものだって手に入れたい。ギャンブルにはまることもあれば、借金もする。自分自身の身をまもるためには表と裏の顔を使い分けるし、ヤクザや警察官と「計算づく」でつき合ったりもする。そしてなにより、キレイなギャルを見れば「やりたい!」と思う。

 

そんな、普通の留学生が、歌舞伎町で生き抜くために実施してきた内容をそのまま書いてあるように思えて、すごく興味深いノンフィクションでした。

 

ヤクザ、警察、風俗嬢の知り合い、中国人の仲間、敵、韓国人のマフィアなどと渡り合い、持ち前の精神と今まで守り続けてきた“シマ”を死守する執念は私自身尊敬に値すると思う。

 

李氏は、不法滞在ではなく、日本での永住権をとり、学生、ファッションジャーナリストとして働き、さらに夜は歌舞伎町での案内人。不法滞在の外国人が多い歌舞伎町では、ちょっと恵まれていると感じてしまいました。本人の努力で続けてきたのですからつべこべ言う必要はないのですが。

 

本当の意味での闇社会のノンフィクションではなく、歌舞伎町で案内人をやっている李氏から見た歌舞伎町ノンフィクションとして、十分楽しめたものでした。

分類

評価

コメント

裏社会ノンフィクション小説 歌舞伎町案内人

裏社会に染まらずしかし裏社会とぎりぎりのところでつながる著者の生活が興味深い。

ランクの目安は下記を参考にしてください。

「やめとけ!買うというより読んじゃダメだ。」というレベル。

「やめた方がいい。買うと損するぞ。」というレベル。

「時間があったら読んでもいいんじゃない。」というレベル。

「割といい感じだと思う。」というレベル。

「すごくいいぜ!読む価値あるよ。」というレベル。

「絶対読んで!何が何でも読んでね。」というレベル。
選定した本及び感想については大きく偏っている可能性もありますが、実際に読みたかった本や話題の本などを自分の好みに合わせて読んでいるだけなので、何を意識したものでもありません。また、ここで記述されてある感想についても管理者自身の感想となりますので、何かを保証するものではありません。

読書好きのための良いものグッズ

『美月幸房』
ブックカバー 帆布製


Beahouse
ブックカバー/ブラック


Beahouse
ブックカバー/マーブルブラック


リサイクルレザー文庫版
ブックカバー/キャメル


etranger di costarica
ブックカバー四六判/ブラック


ワールドCP
ブックカバー文庫版/ブラック


レイメイ藤井
ブックメイト/ブラック


フランク・ロイド・ライト
ブックマーク MoMA


ブックダーツ
チョコラベル75個ミックス



 
おすすめ小説TOP 掲載小説一覧 プライバシーポリシー お問い合わせ