沢木耕太郎小説を紹介|おすすめ小説ランキング

村上春樹|おすすめ小説・感想と辛口小説ランキング

沢木耕太郎プロフィール
(Wikipediaより)

 

沢木 耕太郎(さわき こうたろう、1947年11月29日 - )は、日本のノンフィクション作家、エッセイスト、小説家、写真家。
東京都大田区生まれ。東京都立南高等学校(当時)を経て、横浜国立大学経済学部卒業。
大学時代のゼミの指導教官は、後に神奈川県知事となる長洲一二だった。大学卒業後は富士銀行(当時)に入行するも、初出社の日に退社した。出社途中に信号待ちをしているときに退社を決めたという。
ルポライターとして1970年(昭和45年)、『防人のブルース』[2]でデビューし、1979年(昭和54年)には浅沼稲次郎暗殺事件で刺殺された浅沼と、その犯人である少年を描いた『テロルの決算』で第10回大宅壮一ノンフィクション賞を受賞した。以後、スポーツや旅などを題材にした多数のノンフィクション作品、小説などを発表している。

 

(受賞歴)

  • 1979年 『テロルの決算』で第10回大宅壮一ノンフィクション賞を受賞
  • 1982年 『一瞬の夏』で第1回新田次郎文学賞を受賞
  • 1985年 『バーボン・ストリート』で第1回講談社エッセイ賞を受賞
  • 1993年 『深夜特急 第三便』で第2回JTB紀行文学賞を受賞
  • 2003年 これまでの作家活動で第51回菊池寛賞を受賞
  • 2006年 『凍』で第28回講談社ノンフィクション賞を受賞

沢木耕太郎記事一覧

深夜特急|沢木耕太郎|おすすめ小説ランキング

深夜特急|沢木耕太郎 辛口感想沢木耕太郎の傑作。ノンフィクション的な旅行記。すでに古典となると言ってもいいほどの風格を感じさせてくれる小説です。インドのデリーからイギリスのロンドンまで、バスだけを使って旅行する主人公『私』の物語であり沢木耕太郎本人の旅行体験に基づいている物語です。インドに到着するま...

≫続きを読む

 
ランクの目安は下記を参考にしてください。

「やめとけ!買うというより読んじゃダメだ。」というレベル。

「やめた方がいい。買うと損するぞ。」というレベル。

「時間があったら読んでもいいんじゃない。」というレベル。

「割といい感じだと思う。」というレベル。

「すごくいいぜ!読む価値あるよ。」というレベル。

「絶対読んで!何が何でも読んでね。」というレベル。
選定した本及び感想については大きく偏っている可能性もありますが、実際に読みたかった本や話題の本などを自分の好みに合わせて読んでいるだけなので、何を意識したものでもありません。また、ここで記述されてある感想についても管理者自身の感想となりますので、何かを保証するものではありません。

読書好きのための良いものグッズ

『美月幸房』
ブックカバー 帆布製


Beahouse
ブックカバー/ブラック


Beahouse
ブックカバー/マーブルブラック


リサイクルレザー文庫版
ブックカバー/キャメル


etranger di costarica
ブックカバー四六判/ブラック


ワールドCP
ブックカバー文庫版/ブラック


レイメイ藤井
ブックメイト/ブラック


フランク・ロイド・ライト
ブックマーク MoMA


ブックダーツ
チョコラベル75個ミックス



 
おすすめ小説TOP 掲載小説一覧 プライバシーポリシー お問い合わせ