白石一文の小説を紹介|おすすめ小説ランキング

白石一文|おすすめ小説・感想と辛口小説ランキング

白石一文プロフィール
(Wikipediaより)

 

白石 一文(しらいし かずふみ、1958年 8月27日 )は、日本の小説家。父は直木賞作家の白石一郎。双子の弟は小説家の白石文郎。2010年「ほかならぬ人へ」で直木賞を受賞。初の親子二代での授賞となった。

 

 

  • 福岡県福岡市生まれ。福岡県立福岡高等学校、早稲田大学政治経済学部卒業。その後、文藝春秋に入社、週刊誌記者、文芸誌編集などを経る。
  • 1992年、瀧口明の名で投稿した『惑う朝』(応募時タイトルは『鶴』)で第16回すばる文学賞佳作。1994年、滝口明の名で『第二の世界』を上梓。2000年、白石名義での「一瞬の光」で再デビューする。
  • パニック障害を患い、一時休職。現場復帰するも、退社、作家専業となる。
  • 「どれくらいの愛情」が第136回直木賞候補作となる。
  • 2009年「この胸に深々と突き刺さる矢を抜け」で第22回山本周五郎賞を受賞する。
  • 2010年「ほかならぬ人へ」で第142回直木賞を受賞する。父の一郎が同賞に6回(7作)も候補に挙がりながらも落選し続ける姿を見てこういう賞がなければいいとまで思っていた。そんな大嫌いな賞だった直木賞を受賞したことに対し「変わらざるを得ない。大好きとは言えないが、好きぐらいは言いたい」と語っている。
  • 直木賞授賞後に発表したエッセイで、父・一郎の唯一のSF作品である『黒い炎の戦士』シリーズ(未完結)が、自身が原案を担当した「共著」であり、またその続巻を発表するつもりであることを、明かした。
  • 思想的にショーペンハウアー、トルストイなどの影響を受けている。
  • ロッキングオンの編集者、山崎洋一郎や社会学者の宮台真司に支持される。

白石一文記事一覧

私という運命について|白石一文|おすすめ小説ランキング

私という運命について|白石一文 辛口感想大手企業のキャリアである亜紀の29歳から40歳までを描いている小説。彼女の社内恋愛相手との別れ、福岡への転勤、そこで知り合い将来を誓った男性とのふいの別離、心臓病という爆弾を持ちながら結婚した弟の妻の物語など、主人公の身の回りの出来事を交えて、運命がどうなって...

≫続きを読む

 
ランクの目安は下記を参考にしてください。

「やめとけ!買うというより読んじゃダメだ。」というレベル。

「やめた方がいい。買うと損するぞ。」というレベル。

「時間があったら読んでもいいんじゃない。」というレベル。

「割といい感じだと思う。」というレベル。

「すごくいいぜ!読む価値あるよ。」というレベル。

「絶対読んで!何が何でも読んでね。」というレベル。
選定した本及び感想については大きく偏っている可能性もありますが、実際に読みたかった本や話題の本などを自分の好みに合わせて読んでいるだけなので、何を意識したものでもありません。また、ここで記述されてある感想についても管理者自身の感想となりますので、何かを保証するものではありません。

読書好きのための良いものグッズ

『美月幸房』
ブックカバー 帆布製


Beahouse
ブックカバー/ブラック


Beahouse
ブックカバー/マーブルブラック


リサイクルレザー文庫版
ブックカバー/キャメル


etranger di costarica
ブックカバー四六判/ブラック


ワールドCP
ブックカバー文庫版/ブラック


レイメイ藤井
ブックメイト/ブラック


フランク・ロイド・ライト
ブックマーク MoMA


ブックダーツ
チョコラベル75個ミックス



 
おすすめ小説TOP 掲載小説一覧 プライバシーポリシー お問い合わせ