天童荒太の小説を紹介|おすすめ小説ランキング

天童荒太|おすすめ小説・感想と辛口小説ランキング

天童荒太プロフィール
(Wikipediaより)

 

愛媛県出身。愛媛県立松山北高等学校、明治大学文学部演劇学科卒業。

 

本名で投稿した「白の家族」が野性時代新人文学賞を受賞。「ZIPANG」「アジアンビート」など映画の脚本などを手がけた後に、天童荒太名義で小説を書く。

 

代表作にベストセラーとなり、よみうりテレビ制作で連続ドラマ化もされた『永遠の仔』など。『包帯クラブ』は2007年9月に映画公開(堤幸彦監督)、また、『孤独の歌声』は、2007年11月にWOWOWドラマW枠にて内山理名主演で映像化された。

 

2009年1月、『悼む人』によって第140回直木賞を受賞。

 

寡作で知られる。また初期作品は文庫化の際に大幅に改稿しており(『永遠の仔』以降は少々の改稿に留めている)、山本周五郎賞を受賞した『家族狩り』は物語の骨組みや結論はそのままだが、登場人物などの設定や性格、途中発生する事件の描写などが大幅に変更されており、まったく別の作品に仕上がっている(このことについては、大ベストセラーとなった『永遠の仔』が強く影響しているらしい)。

 

インターネットには触れず、携帯電話も所有していないという。

 

受賞歴

 

  • 1986年 『白の家族』(栗田教行名義)で第13回野性時代新人文学賞
  • 1994年 『孤独の歌声』で第6回日本推理サスペンス大賞優秀作
  • 1995年 『家族狩り』で第9回山本周五郎賞
  • 2000年 『永遠の仔』で第53回日本推理作家協会賞長篇
  • 2009年 『悼む人』で第140回直木賞、また同作の受賞により愛媛県文化・スポーツ賞を受賞した。

天童荒太記事一覧

永遠の仔|天童荒太|おすすめ小説ランキング

永遠の仔|天童荒太 辛口感想主人公は、それぞれに精神的な問題を抱えていた3人、愛媛県松山市にある県立双海(ふたみ)小児総合病院の小児精神科に入院していたルフィンとジラフとモウル。次々と男を引っぱりこむ母親に、情事の間、いつも押し入れに閉じこめられていて、閉所恐怖症、暗黒恐怖症にかかった、モグラの英語...

≫続きを読む

 
ランクの目安は下記を参考にしてください。

「やめとけ!買うというより読んじゃダメだ。」というレベル。

「やめた方がいい。買うと損するぞ。」というレベル。

「時間があったら読んでもいいんじゃない。」というレベル。

「割といい感じだと思う。」というレベル。

「すごくいいぜ!読む価値あるよ。」というレベル。

「絶対読んで!何が何でも読んでね。」というレベル。
選定した本及び感想については大きく偏っている可能性もありますが、実際に読みたかった本や話題の本などを自分の好みに合わせて読んでいるだけなので、何を意識したものでもありません。また、ここで記述されてある感想についても管理者自身の感想となりますので、何かを保証するものではありません。

読書好きのための良いものグッズ

『美月幸房』
ブックカバー 帆布製


Beahouse
ブックカバー/ブラック


Beahouse
ブックカバー/マーブルブラック


リサイクルレザー文庫版
ブックカバー/キャメル


etranger di costarica
ブックカバー四六判/ブラック


ワールドCP
ブックカバー文庫版/ブラック


レイメイ藤井
ブックメイト/ブラック


フランク・ロイド・ライト
ブックマーク MoMA


ブックダーツ
チョコラベル75個ミックス



 
おすすめ小説TOP 掲載小説一覧 プライバシーポリシー お問い合わせ