ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。|辻村深月|おすすめ小説ランキング

ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。|辻村深月

ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。|辻村深月 辛口感想

地元を飛び出した娘と、残った娘。幼馴染みの二人の人生はもう交わることなどないと思っていた。あの事件が起こるまでは。チエミが母親を殺し、失踪してから半年。みずほの脳裏に浮かんだのはチエミと交わした幼い約束。彼女が逃げ続ける理由が明らかになるとき、全ての娘は救われる。著者の新たな代表作。2013年おすすめ文庫王国 エンターテインメント部門 第1位。

 

ということで、読み始めたのですが、正直最初はあまり面白さが伝わってきませんでした。

 

チエ(チエミですが、主人公のみずほがチエと呼んでいたのでこう書きます)が母親を殺して、友達のみずほがチエの行方を探す過程で、昔の友人たちとの会話が続きます。

 

淡々とした会話が続くので、あまり面白さを感じなかったのですが…。

 

小学校、中学、高校、大学、社会人の一時期を一緒に過ごした女性同士の友人関係。喜び、妬み、恨み、友情、愛情など、様々な感情を内に秘めたまま、表側上の友人として付き合ってきた様がじわーっと、本当にじわーっと心に入ってきました。

 

どのへんからはわからないのですが、女性同士の友情がすべてこうだとは思わないのですが、卑しいところ、ズルいところ、勝手なところが非常に良く伝わってきて、面白味のないストーリーから引き込まれるようなストーリーへと私自身のとらえ方が変化していった作品でした。

 

第二章の後半では、母親を殺した後のチエ本人のストーリーとなります。ここまで来て初めて、今までの友人たちの証言というか、チエを探すみずほと友人たちとの会話が本当の意味をもってきます。

 

地味で裕福な家柄ではないチエ、小学校の頃に唯一の親友と呼べるみずほに憧れを抱きながら成長したチエ。みずほへの憧れや想いを秘めていた幼少の頃から、社会人となり疎遠になっていくにつれ、自分にないものをすべて持っているように感じたみずほに対して、心の暗い部分が膨らみ、過去の憧れが嫉妬や妬みにすり替わっていく。うまく表現できないのですが、自分から離れていった人に対して自分を棚に上げて離れていった人への恨みへと変わっていくような、どこにでもありそうな人間の卑しい部分がじわじわ伝わる表現力に圧倒されました。

 

さらにそれだけではなく、みずほ側の心情もうまく表現されていました。

 

チエとは逆に、みずほが感じるチエの親子関係への羨望。自分の家族にはありえない関係。大人になって偶然母親の手紙を見てしまったみずほは、母親に対して心のなかで決別し、それがチエの家族に対して、というよりチエとの関係にも影響してきます。表現はされていないですが、チエがみずほに対して憧れから恨みに変わったのと同様、羨望から嫉妬へと変わっていっただろうと私は感じています。

 

そして、最後にみずほがチエを見つけたシーンでは、お互いに会わないでいる期間に極限まで膨らまってしまった心の暗い部分から解き放されて、本当に素直な気持ちに戻った二人がいました。私はなぜかこのシーンで、ホッとした気分になりました。

 

ハッピーエンドではなく何かのどにつまったような感覚が残る物語なのですが、重い雰囲気から解放された気分がやけに心地よく感じたはじめての感覚が何とも言えず良かったかと。

 

犯してしまった罪ややってきたことは消えてなくなるわけではなく心のどこかに傷として残ります。ただ、暗い部分や傷があることもすべてひっくるめて飲みこんでそのうえで自分を許すことができれば、それを踏まえた新しい将来が見えてきます。

 

男性の私が良いと思ったのは特殊なのかもしれませんが、女性には共感できる作品なのではないでしょうか。

分類

評価

コメント

ミステリー小説 ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ

女性同士の微妙な友情?が非常に上手に描かれてます。女性におすすめのじわっとくる逸品。

ランクの目安は下記を参考にしてください。

「やめとけ!買うというより読んじゃダメだ。」というレベル。

「やめた方がいい。買うと損するぞ。」というレベル。

「時間があったら読んでもいいんじゃない。」というレベル。

「割といい感じだと思う。」というレベル。

「すごくいいぜ!読む価値あるよ。」というレベル。

「絶対読んで!何が何でも読んでね。」というレベル。
選定した本及び感想については大きく偏っている可能性もありますが、実際に読みたかった本や話題の本などを自分の好みに合わせて読んでいるだけなので、何を意識したものでもありません。また、ここで記述されてある感想についても管理者自身の感想となりますので、何かを保証するものではありません。

読書好きのための良いものグッズ

『美月幸房』
ブックカバー 帆布製


Beahouse
ブックカバー/ブラック


Beahouse
ブックカバー/マーブルブラック


リサイクルレザー文庫版
ブックカバー/キャメル


etranger di costarica
ブックカバー四六判/ブラック


ワールドCP
ブックカバー文庫版/ブラック


レイメイ藤井
ブックメイト/ブラック


フランク・ロイド・ライト
ブックマーク MoMA


ブックダーツ
チョコラベル75個ミックス


ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。|辻村深月|おすすめ小説ランキング関連ページ

ツナグ|辻村深月
ツナグ|辻村深月|おすすめ小説を紹介します。

 
おすすめ小説TOP 掲載小説一覧 プライバシーポリシー お問い合わせ